カズマの日記

映画の感想と雑談

デビルマン

 

 

 

第52回目はデビルマンです。

f:id:kazuma_kazama:20190901033149j:image

出典amazon.co.jp

 

*以降ネタバレ注意です。

 

2004年の日本映画。

 


私は劇場公開当時から、デビルマンを観たい観たいと思い続けていた。

 


しかし、観るに至らなかったのには訳がある。

 


それはデビルマンの評価が邦画史上最低だったからである。

 


そんなものにお金がかけられるだろうか。

 


必然的にTV放送か若しくは動画配信を待つことになるのだが、遂にこの時がやってきた。

 


この目でその評価を確かめる時が来たのだ。

 


そもそも他人の評価なんてあてにならない。

 


やはり自分の目で見極めなければならない。

 


結果としては、まあまあの出来であるというところでしょうか。

 


しかし、世間の評価も頷ける。

 


評判通り酷評されて然るべき作品だった。

 


まず、主人公、不動明飛鳥了の役者が素人だという事。

 


聞くところによると演技経験ゼロということらしいが、正しくその通りだった。

 


しかし私は何とか、棒読みな喋り方の人もいるじゃないかと自分に言い聞かせ、飲み込んだ。

 


例えばアニメ監督の宮崎駿も声優の演技は気持ち悪いと言って、素人を起用するじゃないですか。

 


だから俳優のクドイ演技ではなく、素人の普通の自然な感じを演じていると考えよう。

 


脚本にも問題がある。

 


この作品はデビルマンの最初から最後までを2時間に収めたという点では非常に評価するべきだと思う。

 


しかし、デビルマンの世界、メッセージを描き切れていないのも事実だ。

 


とにかく、余計なシーン、無駄なシーンが多い。

 


もっと描かなきゃいけないシーンがあると思う。

 


消化不良のストーリーだ。

 


そして飛鳥了の行動が意味不明。

 


釈然としないままラストへと向かってしまう。

 


一応、デビルマンのあらすじを書いておきます。

 


地球には人類より先にデーモン族が住んでいたのだが、長い眠りについている間に人間がはびこってしまっていた。

 


再びデーモン族は人間を滅ぼしてデーモン族の世界にしようと企む。

 


デーモン族は人間と融合して、人を襲う。

 


主人公、不動明もデーモン族に融合されるが、人間の心を失わなかった。

 


不動明デビルマンとしてデーモン族と戦う決意をする。

 


という内容だ。

 


より原作に近い出来であるが似て非なるものとなっている。

 


デビルマンファンなら一度は観ておく事をお勧めする。

 


面白いという保証はしないけどね。

 


デビルマンといえば私の子供の頃にTVアニメがあったのだけれど、結構好きだった。

 


面白いのが次回予告で、毎回3分くらいの長さがあって、本編なのかなと錯覚してしまうくらいなのだ。

 


原作とは全然違うヒーローものだけれど、面白かった。

 


原作はホラーだった。

 


永井豪の名作である。

 


想像を絶する展開で、同系列の漫画で、デビルマンを超える作品はないのではないだろうか。

 


映画は残念ながら原作を表現しきれなかった。

 


安っぽくした仮面ライダーを観ているようだった。

 


もし、あるなら逆輸入DVDなどで、字幕吹替で観ると、少しは評価は上がるかもしれない。

 


ストーリーも原作を忘れれば観れなくはないかもしれない。

 


でもいつかは誰かが、もっと良いデビルマンを作ってくれる事を期待する。

 


もちろんアニメでも良いけどね。

 


原作漫画も読む事をお勧めしておきます。

 

 

 

デーーーービーーーーーールッ!