カズマの日記

映画の感想と雑談

コマンドー

 

 

第87回目はコマンドーです。

f:id:kazuma_kazama:20200120211600j:image

出典amazon.co.jp

 


*以降ネタバレ注意です。

 


1985年のアメリカ映画です。

 


主演のアーノルド・シュワルツェネッガーが正義のヒーローとして認められた第1作目だと思います。

 


この映画はサスペンスからアクションへと展開が凝っていて面白いです。

 


主人公ジョン・メイトリクスは元特殊部隊の指揮官で現在は退役して娘のジェニーと静かに暮らしていた。

 


ある日、メイトリクスの元に元上官のカービー将軍が訪ねて来る。

 


カービー将軍がの話ではメイトリクスの元部下が次々と暗殺されたと言うのだ。

 


カービー将軍は護衛を残して去って行く。

 


その直後メイトリクスはテロリストの襲撃を受け、ジェニーを人質に取られてしまう。

 


メイトリクスは捕らわれ、ジェニーの命を救うために、南米のバルベルデ共和国大統領暗殺を強要される。

 


テロリストの正体はバルベルデの元独裁者アリアス。

 


彼はメイトリクスのチームによって失脚させられていたのだ。

 


そんな奴がなぜアメリカに潜伏しているのかは疑問だがメイトリクスは娘のためにバルベルデに向かう。

 


テロリストの監視の下、バルベルデ行きの飛行機に乗り込むが、上手く監視を逃れて脱出。

 


飛行機がバルベルデに到着するまでの11時間の間に娘を救出しなければならない。

 


92分の短い映画でありながら、怒涛の展開で楽しめます。

 


前半はアリアスのアジトを突き止めるために尾行追跡捜査するパートとなっており、サスペンス的な作りになっています。

 


後半は壮絶なバトルシーンです。

 


メイトリクスの怪力が面白い。

 


車のシートを引っぺがしたり、電話ボックスを持ち上げたり、壁に設置されている鉄の配管を素手でもぎ取ったりと、人間離れをしています。

 


しかし、シュワルツェネッガーが演じると、それくらいは出来そうな気がします。

 


子供の頃に何回も観ましたが、今観ても充分面白いです。

 


ただ、アクションシーンは物足りなく感じました。

 


それは私が大人になってしまったからです。

 


子供の頃には気がつかなかった粗さが見えてしまいました。

 


前半の展開は割と強引で、ストーリー上で協力者となったシンディが偶然にも客室乗務員で飛行機の操縦訓練も受けていた。

 


もしそうでなければ、アリアスのアジトにはたどり着けなかった気がする。

 


それに私は趣味でサバイバルゲームをするのですが、メイトリクスのような立ち回りでは、私なら瞬殺されているはずです。

 


子供の頃はシュワルツェネッガーが100人からの敵を相手に無双していて格好良く思えていたのですが。

 


いつヤラレるのか、ハラハラします。

 


今観ると、生きているのが不思議でなりません。

 


しかも建物に爆弾を仕掛けるのですが、建物が木っ端微塵に吹っ飛びます。

 


いや、娘がどこに監禁されているのか判らないのにやりすぎなのでは……。

 


全く敵がショボ過ぎて、話にならないくらいですが、とにかくメイトリクスの暴れっぷりが爽快です。

 


あまり細かいことは気にせずに、是非観てみてください。

 


武器をフル装備したメイトリクス=シュワルツェネッガーはめちゃくちゃカッコイイです。

 


余談ですが、この映画にM202四連装ロケットランチャーが登場します。

 


四角くて独特のフォルムなので直ぐに観れば分かると思いますが、おそらくM202が活躍する映画はコマンドーだけだと思います。

 


ところで、私の妻の母親はゲームが好きでした。

 


今は亡くなられましたが、生前はゲーム「バイオハザード」で無限ロケットランチャーを撃ちまくってゾンビをぶっ倒していました。

 


丁度そのロケットランチャーがM202なんですよね。

 


なんとなく義母の勇姿を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ネコのベッド

ミュウのベッドが新しくなりました。

 


これまでのミュウのベッドは実はベッドじゃなかったのです。

f:id:kazuma_kazama:20200119224125j:image


ミュウさん、それはツメ研ぎだったんですよ。

f:id:kazuma_kazama:20200119224651j:image

「そうなのにゃ?」


新しくなったベッドにはスンナリと乗ってくれました。

f:id:kazuma_kazama:20200119225953j:image


気に入ってくれたようです。

f:id:kazuma_kazama:20200119224812j:image


ツメ研ぎは硬いし寒そうなので、交換して快適になったと思います。

 


ミュウの体重はいつのまにか4Kgとなり、立派な成猫に成長しつつあります。

f:id:kazuma_kazama:20200119224911j:image


一応、一歳までは子猫ということらしいですが、結構大きいです。

 

現在7カ月目です。


病院などに移動するために使用していたキャリーケースも小さくなって、入ってもらうのに苦労します。

f:id:kazuma_kazama:20200119225003j:image

「病院はイヤにゃー!」


そちらも新しく買い替えなければ。

 


気に入ってもらえるか心配もありますが、

ミュウのための買い物は楽しいです。

f:id:kazuma_kazama:20200119225137j:image

 

ですが、まだ一度も寝てもらっていないベッドがあります。

f:id:kazuma_kazama:20200119230228j:image

ねこグッズが増える一方です。

ゴジラ(1984年版)

第86回目はゴジラ(1984年版)です。

f:id:kazuma_kazama:20200117231519j:image

出典amazon.co.jp


*以降ネタバレ注意です。

 


小学生の頃、私はゴジラが好きではあったのですが、実はゴジラの映画は好きではなかったのです。

 


私が持っていたゴジラの白黒写真集にはとても恐ろしく迫力のある怪獣として写っていたのに。

 


いざ映画を観るとどうだろう。

 


まるで、コメディのようなコミカルなゴジラがいて幻滅した。

 


私が思い描いていたゴジラと違和感があったのです。

 


その当時は初代ゴジラを観ることができなかったので、私はゴジラ映画がむしろ嫌いになっていました。

 


そんな時に現れたのが1984年版ゴジラでした。

 


このゴジラこそが私の理想のゴジラでした。

 


私にとってのゴジラはやはり人類の敵でなければならなかったのです。

 


当時、テレビで放送されたこの映画を私はビデオに録画して何回も観ました。

 


今回は初めてノーカット版で、観たので記憶にないシーンがいくつかありました。

 


設定としては初代ゴジラの30年後で2作目から15作目まではなかったものとして作られています。

 


私もそのつもりで鑑賞しました。

 


初代のゴジラは戦後間もなくの世相を反映しており、水爆実験などをストーリーに盛り込んでいた。

 


今作は冷戦時代のゴジラで当時の核事情が、かなり取り入れられています。

 


まず最初にゴジラソ連原子力潜水艦を襲います。

 


これはゴジラの脅威とともに、ソ連の原潜が日本近海をウロチョロしているという危険性を示しています。

 


そして、ゴジラは井浜原子力発電所を襲います。

 


これも原子力発電の危険性に警鐘を鳴らすシーンだと思います。

 


ただしゴジラ放射能を吸収するという設定のため恐怖感は不発のような気がしました。

 


次はアメリカ、ソ連ゴジラ殲滅に核兵器を使用したがっているというシーン。

 


現実では第二次世界大戦以降実戦では核兵器は使われておらず、機会があれば使うのではないかという緊迫感のあるシーンです。

 


その後、ソ連の核ミサイルが誤って発射されるのですが、沖縄の嘉手納基地から米軍の迎撃ミサイルが発射されます。

 


このシーンも沖縄米軍基地の問題に触れていると言ってもいいでしょう。

 


それなりに忖度したシーンではありますけど。

 


と、いうように反核というゴジラのメッセージが随所に散りばめられています。

 


さて、ゴジラとの決戦ですが、スーパーXという戦闘機が切り札として出てきます。

 


戦闘機といっても、見た目は亀の甲羅のような形で、今ふうに言うなら有人戦闘ドローンという感じです。

 


私はこのスーパーXの戦闘が大好きです。

 


スーパーXにはカドミウム弾という武器が装備されています。

 


カドミウムとは核分裂を抑える元素らしく、ゴジラのエネルギー源である体内原子炉を無力化させようというのです。

 


これは面白い設定だと思います。

 


メッセージ的には人類が核をコントロールできるかどうか、というところです。

 


ゴジラの口の中にカドミウム弾を撃ち込みます。

 


ゴジラは抵抗して口を閉ざします。

 


しかし、照明弾を打ち上げると、ゴジラは反射的に咆哮を上げ口を開けてしまいます。

 


そこを狙ってカドミウム弾発射!

 


実に面白い戦いです。

 


私は実は怪獣同士が戦うことに魅力を感じないのです。

 


やはり、ゴジラと戦うべきは人間です。

 


私はゴジラ史上最高の戦闘シーンだと思っています。

 


一方、人間ドラマの方では生物物理学者の林田教授と奥村兄妹そして、雑誌記者の牧がゴジラの帰巣本能を利用した超音波誘導作戦を進めて行く。

 


この作戦も私は好きだった。

 


ゴジラの生物としての魅力を引き出しているように思えました。

 


一番現実的な気がします。

 


さて、ゴジラの新宿観光を食い止めるのは、核兵器カドミウム弾か帰巣本能か、是非映画を観て確かめてみて下さい。

 


今まで、興味はあるけどゴジラを観たことがない人、もしくはどれを観ればいいか判らない人は初代ゴジラ1984年版ゴジラを観る事をオススメします。

 


そこからゴジラが気に入れば、ゴジラビオランテから古い順に観ていく事をオススメします。

 


完全にゴジラにハマったら、古い昭和ゴジラを観て行って下さい。

 


その方が飽きずに観ることが出来るでしょう。

ゴジラ

 

 

 

第85回目はゴジラです。

f:id:kazuma_kazama:20200116031000j:image

出典amazon.co.jp


*以降ネタバレ注意です。

 


1954年の日本の特撮映画です。

 


私とゴジラの出会いは父親がパチンコの景品で取ってきたゴジラの写真集だった。

 


写真集というか、小さなコミックサイズのモノクロフォトブックという感じです。

 


当時、幼稚園児の私はゴジラの存在を知りませんでしたが、気に入って何度も読み返していました。

 


それはなかなか出来が良くって迫力のある写真ばかりでした。

 


しかし、私にはゴジラは映画という認識はなく、本の中の存在なのでした。

 


それからしばらく経ってTVでゴジラを始めて観ました。

 


ゴジラ対メカゴジラが初めて観たゴジラ作品です。

 


途中から観たので、最初は気づいていませんでしたが、ゴジラが出てきた瞬間に私はめちゃくちゃ驚きました。

 


ゴジラや!……ホンマにおったんや……」

家族は私がゴジラが実在すると思っていると思ったようだが、そうではない。

 


あのゴジラの写真集が映画として存在しているということに気がついたのだ。

 


それから私はゴジラ映画を好んで観るようになりました。

 


今回はそんなゴジラの一作目を鑑賞しました。

 


今や、初代ゴジラを観たことがあるという人は少ないのではないでしょうか。

 


TV放送されることもないので、一時期は幻の作品とも言うべき存在だったのですが。

 


時代も変わって、ネット配信やケーブルテレビで簡単に観ることができるようになりました。

 


本当にいい時代になりましたね。

 

 

 

最近はハリウッドでゴジラが製作されるので、やはり初代ゴジラは鑑賞しておくべきではないだろうかと思います。

 


物語は水爆実験によって太古の巨大生物が目覚め、日本にやって来るというもの。

 

 

 

小笠原諸島近海で貨物船や漁船が遭難する。

 


目撃者の証言から巨大生物の存在が明らかになる。

 


大戸島の人間は島の伝説の怪物ゴジラの仕業ではないかと話す。

 


ゴジラが通った跡から放射能が測定されたため、水爆実験の影響を受けていると推測される。

 


その割には、現地の民間人は避難もせず、放射能を測定している山根博士は防護服すらつけていない。

 


当時は放射能に対する認識が薄かったのだろうか。

 


そしてついに、ゴジラが山の向こうから顔を出す。

 


このシーンがゴジラ初登場で私も初めて観るシーンだった。

 


当時を知る人の証言ではゴジラの登場した瞬間、映画館では観客が驚きのあまり仰け反ったらしい。

 


そんなこんなで、やがてゴジラは東京へとやって来る。

 


海岸線には対ゴジラ用に巨大な有刺鉄線が張り巡らされ、5万ボルトの電流が流された。

 


それにしては電圧が低くはないだろうか?

 


ピカチュウでも10万ボルトは出すと言うのに。

 


案の定、有刺鉄線はアッサリ突破され、壮絶なゴジラの東京観光が始まる。

 


東京の街のミニチュアセットは素晴らしい出来で、それを惜しげもなく破壊して行く。

 


見応えのある映像で芸術の域に達していると思う。

 


白黒影像も相まってチャチな感じはしない。

 


防衛隊の戦力ではゴジラに全く歯が立たず、東京はなす術なく蹂躙されるがままだった。

 


東京ぶらり旅を終えたゴジラはやがて東京湾へと出る。

 


戦闘機がミサイルを発射するが、なぜか一発も当たらない。

 


怪獣パートはそんなところです。

 


人間ドラマパートは古生物学者の山根博士のゴジラ抹殺反対という学者としての葛藤があり。

 


山根博士の弟子、芹沢博士には原水爆を超えるかもしれない新兵器水中酸素破壊装置を作ってしまったことの葛藤が描かれる。

 


山根博士の娘、恵美子は水中酸素破壊装置でゴジラを倒すことを考えつくが、芹沢博士は悪魔の発明の使用をためらう。

 


果たしてゴジラの運命やいかに。

 


この物語には反核のメッセージが込められている。

 


これ以降のゴジラとは違う重厚な作品です。

 


言わばこのゴジラこそが本物で、のちのゴジラは別物と言ってもいいくらいだと思います。

 


ゴジラが好きでない人も怪獣映画の原点として一度くらいは観ても損はしないと思います。

 


面白いか?と言われると、古いので保証はできませんが、よく出来た映画であることは間違いありません。

 


機会があれば観てみて下さい。

 


ところで一つ気になるシーンがあるのですが、重要なシーンでテレビの電源が切れていたはずなのに、突然テレビが映り出すシーンがあります。

 


良いところだったのですが、不可解すぎて気が削がれてしまいました。

 


そこだけ気になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シザーハンズ

第84回目はシザーハンズです。

f:id:kazuma_kazama:20200114223349j:image

出典amazon.co.jp

 

 

*以降ネタバレ注意です。

 


1990年のアメリカ映画です。

 


私は子どもの頃は小遣いの関係もあって、映画館には行かず、ひたすらテレビ放送を待っている状態だった。

 


そういうこともあって、私は新作映画のあらすじを教えて貰うのが好きだった。

 


その情報源はだいたい姉と幼馴染である年上の友達、それから浜村淳だった。

 


シザーハンズは姉が映画館に観に行ったので、その日のうちにあらすじを聞いた。

 


とある町の外れにある山の上に発明家の屋敷があった。

 


発明家は人造人間のエドワードを生み出す。

 


エドワードの両手はハサミだった。

 


のちに普通の人間の手を製作するが、発明家はエドワードに取り付ける寸前に死んでしまう。

 


エドワードは両手がハサミのまま、

屋敷に一人で取り残されてしまった。

 


それから時が経ち、ある日ペグという化粧品訪問販売の女性が屋敷を訪れる。

 


ペグはエドワードを発見し、家に連れて帰る。

 


ペグの家で一緒に暮らし始めたエドワードは両手のハサミで植木を芸術的に剪定をする。

 


瞬く間に町中の噂となり、犬のカットから人間のヘアカットまで手がけ人気者となる。

 


エドワードはペグの娘キムに恋をしていたが、キムにはちょい不良の彼氏ジムがいた。

 


エドワードにはもう一つ特技があり、それはハサミの先端を使ってドアの鍵開け(ピッキング)だった。

 


エドワードはジムに泥棒の片棒を担がされ、

町から追い出されてしまう。

 


というストーリー。

 


あらすじを教えてくれた姉はエドワードが可哀想で泣いたと言っていた。

 


それから姉はエドワード役のジョニー・デップにドップリハマっていた。

 


それから30年経って、やっとこさ鑑賞しましたが、全然泣けませんでした。

 


可哀想は可哀想だったけど、純粋に観ることができなかった。

 


人造人間のエドワードがアンドロイドかバイオロイドかでも変わってくるのだけど、なんとも言えない感情を覚えました。

 


私の感覚ではエドワードはとても危険な存在です。

 


恋愛感情をもつことは良いのですが、怒りや憎悪も持ち合わせています。

 


しかも、知能は小学生レベルで善悪の判断がつかないにもかかわらず、両手に凶器をぶら下げているのです。

 


これでは人を傷つけてしまって、当たり前でしょう。

 


ペグ一家はなんの安全対策も教育もしないでいたので、私としてはアンドロイドの虐待だと感じました。

 


エドワードが町を追われてしまったことも、それで良かったように思いました。

 


それよりも、死んでしまったのに放ったらかしにされている不良のジムが可哀想でした。

 


とにかく複雑な気持ちになる映画でした。

 


でも良い映画だとは思います。

 


是非、一度観てみてください。

 


あと良かったところは、町並みがパステル調の可愛い家が並んでいてオモチャの町のようなところです。

 


セットなのかなと思いましたが、調べたところによると実在の町だったようです。

 


オシャレなモデルハウス街のようです。

 


それとこの物語は雪がなぜ降るのかという疑問から始まります。

 


その答えが分かった時、この映画を観て良かったと思えます。

 

ゴースト/ニューヨークの幻

第83回目はゴースト/ニューヨークの幻です。

f:id:kazuma_kazama:20200113201858j:image

出典amazon.co.jp

 

*以降ネタバレ注意です。

 


1990年のアメリカ映画です。

 


新年を迎えて、さて何から観るべきか悩むことろでしたが、ゴーストにしました。

 


1本目から外れを引いちゃうと、今後の鑑賞意欲に悪影響を及ぼしそうなので、無難に手堅いところから、観ることにしました。

 


私はあまり恋愛映画というものに興味はないのですが、ゴーストという設定に魅力を感じたわけです。

 


主人公は銀行員のサム・ウィートと陶芸家のモリー・ジェンセンです。

 


モリーが電動ろくろで、陶芸をしているところにサムが後ろからイチャイチャするシーンは映画を観たことがなくてもご存知の人が多いのではないでしょうか。

 


恋愛映画の中でも最も有名なシーンでもあり、この映画の中でも重要なシーンでもあります。

 


このイチャイチャシーンで、いかに2人が愛し合っているかを短時間に印象づける必要があるからです。

 


なぜならば、直ぐにサムはデートの帰りに強盗に射殺されてしまうからです。

 


ゴーストとなったサムは浮遊霊となってモリーに取り憑きますが、そこで事件の真相を知ります。

 


サムを襲った強盗は最初から、サムを狙っていたのです。

 


このままではモリーにも危険が迫ると考えたサムはインチキ霊媒師のオダ・メイを頼って、事件解決に臨みます。

 


さて、いったいどうなるのでしょうか?

 


というストーリーです。

 


非常に良い映画だと思います。

 


ストーリーが綺麗に流れて、退屈なシーンがありません。

 


ゴーストという設定ですが、ホラーではなく、ファンタジーという感じです。

 


中には少し怖めのゴーストも出てきますが、観ていけば全然怖くありません。

 


面白いところはサムがほかのゴーストに助けられて、成長していくところです。

 


サムはゴーストなので物には触れられないのですが

 


ほかのゴーストに壁のすり抜け方や物の触れ方などを教えて貰うのです。

 


物に触れられないのなら、壁はすり抜け放題な気もしますが、なぜかできない設定です。

 


気持ちの持ちようらしいですが、最終的にポルターガイストを起こせる立派なゴーストに成長します。

 


もう一点の見どころはウーピー・ゴールドバーグ扮するインチキ霊媒師のオダ・メイの成長です。

 


サムと接触することで真の霊媒師に覚醒します。

 


こちら側はコメディ要素になっています。

 


サスペンスありコメディありで、盛りだくさんの内容になっています。

 


サムが死んじゃってるんでハッピーエンドとは言えないかもしれませんが、なかなか面白かったです。

 


当時では、こんな風にゴーストが活躍するような映画はなかったんじゃないかと思います。

 


ゴーストの生態と言いますか、ゴーストとしての生き方を描いた作品もなかったでしょう。

 


そして特筆するべきは、モリー役のデミ・ムーアがめちゃくちゃ可愛いのである。

 


のちのデミ・ムーアからは想像つきませんね。

 


それだけでも観る価値はあると思います。

 


是非、機会があれば観てみて下さい。

 


♫お〜まいら〜ぶ♪

第1回カズミック映画賞

年が明けて随分経ちましたけど、明けましておめでとうございます。

 


昨年は100本近く映画を観ましたが、流石に少し飽きてしまいました。

 


今までに見過ごしてきた映画を可能な限り観てしまおうと思い張り切って来ましたが、ついに疲れてしまいました。

 


映画を観て分かったことは

当たり前だけど、面白い映画とそうでない映画があるということ。

 


しかし、こればっかりは観てみないと判りませんよね。

 


私は観たい映画リストを作っていて、出来るだけ幅広くリストアップしていたのですが、少々削除することにしました。

 


それでも観たい映画は沢山あります。

 


また、ぼちぼち観ていこうかと思います。

 


それでは、ここで昨年観た映画の中で良かった作品を表彰したいと思います。

 


これより、私ことカズマが勝手に選ぶ

第1回カズミック映画賞を開催します。

 


ノミネート作品は令和元年に私が観た全ての映画、ドラマ、アニメが対象です。

 


では、まず

 


◆動物賞◆

 

役者不明

役名 トゥーソックス

作品 ダンス・ウィズ・ウルブズ

 

主人公になついてくるオオカミです。
特に活躍するわけではありませんが、存在感と癒し効果で受賞となりました。

 


◆怪物賞◆


役者不明

役名 ギズモ

作品 グレムリン

f:id:kazuma_kazama:20200107185124j:image

出典amazon.co.jp


モンスターが登場する作品は数あれど、これほど斬新な存在はなかったのではないでしょうか。

 


◆機械賞◆

 

役者不明

役名 EDI

作品 ステルス

f:id:kazuma_kazama:20200107185233j:image

出典amazon.co.jp


ありがちな人工知能搭載戦闘機ですが、特別な存在に感じました。

 

 

 

◆悪役女優賞◆

 

キャシー・ベイツ

役名 アニー・ウィルクス

作品 ミザリー

f:id:kazuma_kazama:20200107185257j:image

出典amazon.co.jp


極悪人ではないですが、じわじわ滲み出す戦慄の恐怖感で受賞です。

 


◆悪役男優賞◆

 

アンソニー・ホプキンス

役名 ハンニバル・レクター

作品 羊たちの沈黙

f:id:kazuma_kazama:20200107185322j:image

出典amazon.co.jp


前半の静かな演技から、後半の噴出するような悪意を発散する圧倒的な存在感で受賞です。

 


◆子役女優賞◆

 

ドミニク・スウェイン

役名 ドロレス・ヘイズ

作品 ロリータ(1997リメイク版)

f:id:kazuma_kazama:20200107185348j:image

出典amazon.co.jp


子役という年齢ではないのですが、作品の性質上子役としました。

鮮烈な印象で受賞です。

 


◆子役男優賞◆

 

エドワード・ファーロング

役名 ジョン・コナー

作品 ターミネーター2

f:id:kazuma_kazama:20200107185419j:image

出典amazon.co.jp


演技の良し悪しは実のところ私には分からないのですが、少年から成長する姿が感じられました。

 


助演女優賞

 

ジュリエット・ルイス

役名 アデール・コーナーズ

作品 カリフォルニア

f:id:kazuma_kazama:20200107185440j:image

出典amazon.co.jp


昨年観た作品の中で最も可哀そうな気がしました。

 


助演男優賞

 

窪塚洋介

役名 キチジロー

作品 サイレンス


なかなかに味のある役柄と演技で受賞です。

 


◆主演女優賞◆

 

リンダ・ハミルトン

役名 サラ・コナー

作品 ターミネーター2

f:id:kazuma_kazama:20200107185509j:image

出典amazon.co.jp


母として、戦士としての演技、それに精神的な不安定さをプラスした難しい役どころを見事に演じていると感じました。

 


◆主演男優賞◆

 

アーノルド・シュワルツェネッガー

役名 T-800

作品 ターミネーター2

f:id:kazuma_kazama:20200107185532j:image

出典amazon.co.jp


その時代でこれほどまでに恐ろしいロボットはまず存在しなかったはず。2ではこれほど頼もしいロボットは居なかったでしょう。

後にも彼ほどロボットらしい俳優は居ないのではないのでしょうか。

 


◆音楽賞◆

 

ターミネーター2

 


印象に残る旋律とリズムであり、機械的な表現が秀逸だと思います。

アレンジにより1作目よりも2を受賞としました。

 


◆主題歌賞◆

 

「友よ」

関ジャニ∞

作品 俺の話は長い

 


単純に良い歌と思いました。

昨年で1番好きな歌かもしれません。

 

 

 

脚本賞

 

ファイトクラブ

 


意表を突いた斬新なストーリーで、他に類を見ない作品だと思います。

 


◆監督賞◆

 

ジェイムズ・キャメロン

作品 ターミネーター2

f:id:kazuma_kazama:20200107185558j:image

出典amazon.co.jp


1作目を踏まえた上でのストーリー展開と当時では最新の技術のモーフィングCGを取り入れた液体金属の新型ターミネーターのアイデアは素晴らしい。

 


◆作品賞◆

 

ターミネーター2

 


娯楽作品としての完成度は1番高かった様に思います。

何度見ても面白い映画史に残る作品だと思います。

 

 

 

以上でございます。

 


自分で選んでおいてなんですが、この結果には私自身が納得していない有様です。

 


他にも優秀な作品はあったので

 


正直、ターミネーターなんか選んで良いのかななどと思いますが、

 


結局のところ1番面白かったのだからしょうがないという感じです。

 


というわけで、今年も自分の好きな作品を探して行こうと思います。

 


本年もよろしくお願いします。