カズマの日記

映画の感想と雑談

シャイニング

 

 

 

第79回目はシャイニングです。

 

f:id:kazuma_kazama:20191208155909j:image

出典amazon.co.jp

 


*以降ネタバレ注意です。

 


1980年のアメリカのホラー映画です。

 


子供の頃に一度観たことがあります。

 


おそらく途中から観たので、全然話を理解していませんでした。

 


私の印象では小説家のジャックがスランプに落ち入り、頭がおかしくなって妻と子供に襲いかかると思っていました。

 


ところが、改めて観てみると印象がガラリと変わりました。

 


ストーリーは冬の間、閉鎖されるオーバールック・ホテルの管理人を主人公ジャック・トランスが引き受けることから始まります。

 


この時にホテルで以前惨殺事件があったことを知らされています。

 


さらには先住民の墓地の跡だったことも知らされていました。

 


この時点で幽霊ホテル確定です。

 


ジャックは妻のウェンディと息子のダニーをともなってホテルに住み込みます。

 


ホテルの料理長ハロランはダニーが超能力「シャイニング」の持ち主であると見抜きます。

 


ハロラン自身もシャイニングの持ち主です。

 


ダニーはさらにトニーという別人格も持っています。

 


という情報が惜しげもなく前振りで解説された状態で物語は始まります。

 


普通はもうちょっともったいつけて、情報を小出しにしそうな気がします。

 


さて、ジャック一家は数々の心霊現象に打ち勝つことができるでしょうか。

 


タイトルになっているシャイニングは超能力ということですが、ほとんど活躍しません。

 


ダニーはチョット霊感が強いくらいな感じです。

 


トニーという別人格もあまり必要性を感じませんでした。

 


幽霊達はそれぞれいい演出で描かれていて、絶叫するような恐怖シーンはないですけど、ジワっと恐怖を与えるような感じです。

 


幽霊より怖いのはやはり主人公ジャック・トランスを演じるジャック・ニコルソンの顔、そして妻ウェンディを演じるシェリー・デュバルの顔です。

 


この2人の演技は見ものです。

 


原作はスティーブン・キングで、この映画を観て激怒したそうです。

 


ジャック・ニコルソンの顔が怖すぎて、どこから狂気におちいったのか解らないじゃないか」ということです。

 


のちにスティーブン・キング主導でドラマ化するのですが、残念な出来だったようで、シャイニングといえばこのスタンリー・キューブリック版というのが一般的なようです。

 


現在、続編のドクター・スリープが公開されていますが、映画版とドラマ版のどちらを前作としているのでしょうか。

 


楽しみですね。

 


ホラーやサイコスリラーが好きな人にはオススメです。

 


一度観てみて下さい。

 

f:id:kazuma_kazama:20191208160107j:image

ちなみにこの写真はうちのネコ、ミュウとシャイニングごっこをして遊んでいるところです。

 

 

 

 

 

グリーンブック

 

 

第78回目はグリーンブックです。

f:id:kazuma_kazama:20191205224451j:image

出典amazon.co.jp 

 

*以降ネタバレ注意です。

 


2018年の実話を元にしたアメリカ映画です。

 


タイトルのグリーンブックとは黒人が宿泊できるホテルをまとめた旅行ガイドブックです。

 


舞台は1962年のアメリカで、まだまだ黒人差別が蔓延していた時代。

 


主人公、トニー・バレロンガは用心棒をしていたナイトクラブが改装するため失業してしまった。

 


トニーが紹介された次の仕事はピアニストのドクター・ドン・シャーリーの運転手だった。

 


黒人差別の色濃く残っているアメリカ南部のツアーに8週間、同行することになる。

 


行く先々での差別によるトラブルに遭うが、それぞれに向き合ってゆく。

 


という物語。

 

 

 

 


最初、トニーは黒人差別主義者だったが、ドンとの交流で心を入れかえる。

 


それには音楽が影響していると思われる。

 


トニーは音楽が好きなようで、単純にピアニストのドンを尊敬しているようでした。

 


音楽に人種は関係ないということだと思います。

 


しかしながら、ドンには一流ピアニストになっても差別から逃れられないという現実がありました。

 


一方、イタリア系のトニーもWASP(ホワイト・アングロ・サクソンプロテスタント)から差別を受けます。

 


トニーとドンはそれぞれの誇りと生き方で、差別に向き合います。

 


粗野で乱暴者のトニーと上品で紳士なドンは正反対な性格でありながら、相手を尊敬し合うようになります。

 


相手をキチンと知る機会があれば差別なんて乗り越えられるのかもしれませんね。

 


この映画は音楽が好きな人にお勧めです。

 


古き良き時代の音楽がカーステレオから流れてきます。

 


ロードムービーとしても楽しいですね。

 


最近はロードムービーでも荒涼とした景色のものばかり観ていたのですが、グリーンブックは割と景色が綺麗です。

 


良いシーンはたくさんあるのですが、ケンタッキーフライドチキンを車で食べるシーンが私は好きです。

 


なんだか楽しそうに食べていました。

 


映画とは関係ありませんが、私の祖父はケンタッキーフライドチキンが大好物で、隣町のケンタッキーに往復3kmほど毎日歩いて通っていました。

 


おかげで足腰のしっかりしたおじいちゃんでした。

 


おじいちゃんも楽しかったのだろうと思います。

 

 

 

人種の違い、生活水準の違いなどを乗り越えて生まれる友情に感動します。

 


どんな人にとってもフライドチキンは美味しいということはかわらないのです。

 


ドンは一般人をはじめ、レストランやホテル、さらに警察からもハードな差別を受けます。

 


おそらく現実にはもっと厳しい差別だったと思います。

 


それでも、挫けずに生きていく姿に感動します。

 


アメリカの歴史上に残すべき映画だと思いました。

 


是非、一度観てみて下さい。

 


カティサークで乾杯したくなるかもしれません。

300〈スリーハンドレッド〉

 

 

第77回目は300〈スリーハンドレッド〉です。

f:id:kazuma_kazama:20191202235609j:image

出典amazon.co.jp


以降ネタバレ注意です。

 


2007年のアメリカ映画です。

 


紀元前480年ごろのペルシア戦争におけるテルモピュライの戦いを舞台にした歴史に基づく映画。

 


ただし史実とは随分と異なる。

 


スパルタ王レオニダスは降伏勧告に訪れたペルシアの使者を殺してしまう。

 


神託及び、評議会も戦争を支持しなかったためレオニダス王は散歩と称して精鋭300人を連れてペルシア軍100万人を迎え撃つ。

 


アルカディア地方の支援もあり、300人だけという訳ではないですが劣勢です。

 


史実によるとペルシア軍は210万人で、ギリシャ軍はスパルタの300人と援軍5000人とも7000人とも言われています。

 


また、ペルシア軍は一桁間違って伝えられていて、実際には21万人だったのではないかと言われているそうです。

 


話としては210万人の方が面白いですが、21万人の方が現実的な気はしますね。

 


おおむね、本で読んだことのあるような筋書きでした。

 


映像的にはファンタジックで神話を思わせるような作りになっています。

 


300人だけで3000倍の大軍を相手にするのは

まず不可能です。

 


しかし、狭い峡谷で戦えば100万いようとも、そのほとんどが遊兵と化し、勝機があるという訳です。

 


孫子の兵法にもそんな戦術がありましたね。

 


果たしてレオニダス王はペルシア軍を撃ち破ることができるのでしょうか。

 


それにしても、現実にそんな戦いがあったのには驚きですね。

 


たった300人しかいないとなれば、普通逃げ出してしまいますよね。

 


恐るべき統率力です。

 


途中、物凄い大チャンスが訪れるのですが、誇り高いレオニダス王は逃してしまいます。

 


私はどちらかと言えば勝つために手段を選ばない主義なので、残念でしょうがありません。

 


スパルタ兵は士気も高く戦場で死ぬことを誇りとしています。

 


私は嫌ですが。

 


私ならば、降伏すればギリシャの王にしてくれるという条件をアッサリのんでしまうでしょう。

 


ペルシア万歳!

 


誇りのために命を落としても何の得にもならないよ。

 


私はそう思ってしまいます。

 


しかし、この戦いでペルシア軍を足留めした結果、今のギリシャがあるのだから意義のある戦いだったのでしょう。

 


ストーリーはあまり深くなく、戦ってばかり(90%くらいが戦闘シーン)なので、ドラマチックな内容を求めている人には不向きです。

 


ただ、剣闘アクションが好きな人におススメです。

 


戦闘シーンは迫力の映像です。

 


また、続編の「300〜帝国の進撃〜」はテルモピュライの戦いの同時期に行われていたアルテミシオンの海戦が描かれている表裏一体の映画なので、両方観ることをお勧めします。

f:id:kazuma_kazama:20191202235656j:image

出典Amazon.co.jp

 

子ネコと「ねこのきもち」

 

 

「ねこのきもち」という通販の雑誌があり、試しに購入してみました。

f:id:kazuma_kazama:20191201194502j:image


初回の特典に

「ねこのしぐさ鳴き声辞典」

「ねこのストレス辞典」

という小冊子がついていました。

 


勉強になりました。

 

ストレスがランキングされていて、解りやすいです。

 


鳴き声の方は少し物足りない感じはします。

 


ミュウは大きめの声でゴロニャンッゴロニャンッと鳴いたりします。

f:id:kazuma_kazama:20191201194405j:image


多分ご機嫌なんだろうなとは思うんですが、

何かメッセージがあるんでしょうか?

 


鳴き声はバリエーション多くて小冊子程度では語れり尽くせませんね。

 


付録は猫じゃらしとフェルトベッド。

 


ミュウはどちらもお気に入りです。f:id:kazuma_kazama:20191201194525j:image

 


流石、「ねこのきもち」というだけあって、掴んでますね。

 


以前購入した、ねこ座布団や爪研ぎには見向きもしなかったので、ねこベッド購入には二の足を踏んでいたのですが。

 


付録のフェルトベッド開封後、直ぐに中に潜り込みました。

f:id:kazuma_kazama:20191201194604j:image


そればかりか、私たちが手を入れようとすると「入っちゃダメにゃ!」と攻撃してきた。

f:id:kazuma_kazama:20191201194618j:image


よほど気に入ったようです。

f:id:kazuma_kazama:20191201194705j:image


今は、手を入れても大丈夫です。

 


こうしてミュウは自分のベッドで寝るようになりました。

f:id:kazuma_kazama:20191201194747j:image


ですが、私は少し寂しい。

 


べったりと私にくっついて寝ていたのに、もう一人で平気なんですね。

 


大人のねこになってきた証拠でしょうか。

 


飼い主のきもち、ねこ知らずです。

 


しかし、気持ち良さそうに寝ているので、見ていて幸せです。

f:id:kazuma_kazama:20191201194824j:image


好きなだけ寝てて良いんだよ。

 


起こさないようにコッソリ撫でまわすから。

f:id:kazuma_kazama:20191201194916j:image

 

今日もミュウは元気です。

f:id:kazuma_kazama:20191201195018j:image

ミスト

 

 

第76回目はミストです。

f:id:kazuma_kazama:20191130015628j:image

出典amazon.co.jp 


*以降ネタバレ注意です。

 

2007年のスティーブン・キング原作のアメリカ映画です。

 


ホラーというよりはSFパニック映画という感じです。

 


ストーリーはオーソドックスで古典的ですが、なかなか見所があります。

 


ある日、町が霧に覆われ、主人公のデヴィッド・ドレイトンと息子のビリーその他大勢がスーパーマーケットの取り残されます。

 


しかも、霧の中には謎の生物がいて人間を襲います。

 


さて、彼らの運命やいかに。

 


という物語です。

 


パニック映画での私の楽しみ方は「生きるための選択肢」を一緒に考えることです。

 


例えば、冒頭にある女性が子供が心配なのでスーパーマーケットから出て行くと言います。

 


誰か一緒に来て欲しいと言われますが誰も行こうとはしません。

 


霧の中には人間を襲う怪物がいるし、霧そのものの毒性も判明していません。

 


明らかに危険で自殺行為としか言いようがありません。

 


主人公も私も行くのには反対です。

 


その後もしびれを切らした人たちが出て行きますが、おそらく死んでしまったでしょう。

 


軽率な行動は控えるのがホラーの鉄則です。

 


しかし、途中で怪物の襲撃を受けて、火傷を負った負傷者が出てしまいます。

 


主人公は近くの薬局に薬を取りに行くことにします。

 


私は反対です。

 


残念ながら、負傷者は見殺しにするべきです。

 


一人の命を救うために多数の人が犠牲になることはないと思います。

 


しかし、主人公たちは行ってしまいます。

 


この辺りから私は主人公に不信感を覚え始めました。

 


人の命を大事にする良い人に見えるが、実は自分勝手な奴じゃないだろうか。

 


主人公と私には考え方にズレがあった。

 


最も重要な「生きるための選択肢」は霧が晴れるまで、スーパーマーケットで籠城だと思います。

 


少なくとも食料が尽きるまでは頑張りましょう。

 


ドッグフードも山積みするほど大量にあるようなので、かなりの期間がしのげそうです。

 


しかし、それでは映画になりませんね。

 


精神的に追い詰められ、スーパーマーケットでは宗教家の女性の世紀末論に感化されるようになり、怪しい雰囲気なっていきます。

 


そこで、主人公と息子と他3人は宗教家たちと別行動するべくスーパーマーケットを出て行きます。

 


もちろん、私は残留派。

 


残留派がその後どうなったかは描かれていないので、彼ら(私を含む)の「生きるための選択肢」が正しかったのかどうかは判りません。

 


あとは主人公がどうなるのか祈るのみです。

 


この時点で私の映画に対する緊張感はだいぶ薄れました。

 


主人公と私は気持ちの上で別行動なので、感情移入せず、より客観的な観方になっていたと思います。

 


「こんな主人公はどうせロクな結末にならないよ」などと思い、勝手にバッドエンド確定と決めつけていました。

 


主人公がその後どういう選択をして、どういう結末を迎えるのか、是非観てみて下さい。

 


主人公と共感できる人は絶対に面白いと思います。

 


公開当時は、原作にないエンディングが付け加えられ、原作者のスティーブン・キングが大絶賛しているというのが話題になっていました。

 


私もこのエンディングは良かったと思います。

 


原作は読んだことがありませんが、聞いた話だと、私は映画の方がハッキリしていて良いと思います。

 


ラストで一番正しい「生きるための選択肢」が明らかになります。

 


どうやら私は一番正しい選択を逃してしまったようです。

 


残念。

第75回目は累です。

f:id:kazuma_kazama:20191129002213j:image

出典amazon.co.jp

 


*以降ネタバレ注意です。

 


2018年の邦画です。

 


予告などのヴィジュアルから、私はホラー映画だと思っていました。

 


累(かさね)というタイトルの文字にも、おどろおどろしい不気味さを感じていました。

 


しかし、あとで累が主人公の名前だと知りました。

 


世の中の累さん、ごめんなさい。

 


さて、ストーリーはというと。

 


演技の才能はあるが、口裂け女のような醜い切り傷のある少女、淵累(ふちかさね)と、演技の才能はないが、美少女の丹沢ニナ。

 


累は塗ってからキスをすると相手と顔が入れ替わるという魔法の口紅を持っていた。

 


2人は顔を入れ替えて、舞台のオーディションを受ける。

 


次第に累(顔はニナ)は脚光を浴び、一躍スターダムに踊り出す。

 


一方、ニナは顔だけでなく、人生そのものを累に奪われることに気づき始める。

 


という物語。

 


正直なところ、名作や、感動作などに分類されるような作品ではないと思いますが、結構面白いです。

 


W主人公、累を芳根京子、ニナを土屋太鳳が

演じています。

 


演技の下手なニナと演技の上手なニナ(累)を演じ分けているのですから、土屋太鳳の演技力は凄いと思います。

 


逆も然りで、芳根京子も性格の違う累とニナを演じきっています。

 


2人の演技の相乗効果で、画面上では土屋太鳳なんだけど、中身は累、今はニナと判るんです。

 


演技にはまり込むとかなり楽しめると思います。

 


ストーリーは未完であり、少々消化不良を起こしそうですが、もし続編があるというならば、観たいと思えます。

 


この物語の結末が気になります。

 


後半、不自然な展開がありますが、あまり気にしないことにしています。

 


女優の美貌に対する劣等感、嫉妬、羨望などの感情が見事に描かれていると思います。

 


演者が絶叫するシーンも多いですが、決して

ホラーではありません。

 


女性の叫び声が苦手な人は辛いかもしれません。

 


舞台演劇女優の映画として充分面白いです。

 


唯一の不満といえば横山裕

 


横山裕の演技は良いのです。

 


ただ横山裕のキスが汚い。

 


少し嫌悪感を持ちました。

 


しかし、嫌悪感を持たせるほどの見事な演技だったとも言えます。

 


キスで顔を入れ替える口紅というアイデアは面白いと思います。

 


そこに女優という職業を絡めた、よく出来た設定です。

 


そんな口紅があるなら、私もイケメンと顔を入れ替えてみたいものです。

 


しかし、そのためには男同士でキスをしなければならないという、なかなかハードルの高い代償を払わなければならないのか。

 


逆に言えばブサメンがキスを迫ってくるということだ……。

 


……前言撤回、この映画はホラーでした。

 

 

 

 

宇宙戦艦ヤマトその3〜電気屋の真田さん編〜

 

 

宇宙戦艦ヤマトその3〜電気屋の真田さん編〜

f:id:kazuma_kazama:20191128212202j:image

出典amazon.co..jp

 

*以降ネタバレ注意です。


ヤマトと言えば沖田艦長、古代進、森雪あたりが人気の主要キャラじゃないでしょうか?

 


少し紹介しておきたいと思います。

 


先ず艦長、沖田十三

 


艦長の沖田十三人間性をどう捉えるかで、ヤマトの印象は随分と変わると思います。

 


子供の頃に観た印象では怒りんぼで、あまり好きではなかった気もする。

 


だが、大人になってからは沖田さんは良い艦長だと分かる。

 


冷徹に見えて、意外と人情派。

 


ほんの少しお茶目な一面も見られる。

 


いざとなったら容赦なく波動砲

 


艦長職を古代進に引き継ぐが、そこに師弟か親子のような絆を感じる。

 


宇宙放射線病にかかっているので、倒れがち。

 


続編には土方艦長という人物が出てくるが、そもそも沖田艦長は適任ではなかったのではないだろうか。

 


もちろんそれは続編ありきの話ですけど。

 


最終回の沖田さんの最後のセリフに胸を打たれる。

 


次に戦闘班長古代進

 


当時のいかにもありそうな熱血主人公。

 


前半は何かと嫌な感じの男である。

 


航海長の島大介と親友であり、ライバル。

 


島の方がマトモな感じもするが、どっちもどっち。

 


しょっちゅう喧嘩しているが、仲直りすると私はジーンときてしまう。

 


割とパワハラ上司。

 


スタンドプレーも多く好戦的で、なんでコイツを艦長代理に選んだのか理解に苦しむ。

 


幼少の頃は虫も殺せない平和主義者だったが、家族をガミラスに殺され性格が一変したようです。

 


ガミラス本星の戦い終結後、戦争の愚かさに気付く。

 


その時、私はなぜかドン引きしていた。

 


一応感動のシーンだったはず。

 

 

 

生活班長、森雪。

 


艦橋ではレーダー監視を担当している。

 


看護師業務もこなして、かなりのハードワークであると思われる。

 


アナライザーというロボットからセクハラを受ける。

 


美人で聡明なイメージがあるが、これまた、ちょっとドジなシーンもあったりする。

 


そこが魅力的なのだろう。

 


理想の女性像と思っていた人も少なからずいたのではないでしょうか。

 


SFアニメで絶世の美女といえば銀河鉄道999メーテルイスカンダルのスターシャだと思う。

 


森雪は偶然にもスターシャのそっくりさんなので、美女ということになる。

 


さて、数いるヤマト乗組員で最も活躍するのは技術班長真田志郎さんである。

 


頭脳明晰で道徳観も備わっており、真田さんこそ艦長代理に相応しいはずです。

 


しかし、自分で波動砲を開発しておきながら、あまりの破壊力にその使用に疑問を抱いて躊躇してしまう。

 


そこが真田さんの弱点でもある。

 


艦長にはいざという時に波動砲をバンバン発射するだけの覚悟が必要なのです。

 


艦長の適性は置いておいて、真田さんはヤマトに必要不可欠な人材です。

 


真田さん抜きではイスカンダル到達はまず無理であろうと思います。

 


真の主人公は真田さんなのです。

 


真田さんはガミラスの新兵器の弱点を見破り瞬時に対抗兵器を作ってしまう、ドラえもんのようなそんな存在です。

 


修理もこなして、どんなに破壊されようとも翌週にはヤマトをピッカピカの新品同様に直してしまいます。

 


それに、つなぎ目のないシームレス戦闘機(どうやってつくったの?)

 


や、デスラー砲をも跳ね返す空間磁力メッキ(いつの間につくったの?)

 


など、ご都合主義的な兵器を生産し、ガミラスのビックリドッキリメカに対抗するギックリハッタリメカを数多く完成させました。

 


真田さんの頭脳はヤマトになくてはならないものなのです。

 


ネタバレですが、こんなエピソードがあります。

 


ヤマトの波動砲発射口にドリルミサイルが突き刺さり、グリグリ掘り進んでくる。

 


真田さんはドリルミサイルの内部に侵入し、あれこれいじりたおし二本のコードを発見。

 


そのコードを逆に繋ぎ替えると、何とドリルミサイルが逆回転しだし抜けてしまったのだ。

 


私は子供心に、そんなバカなと思っていた。

 


子供騙しにも程がある、ミサイル内部のコンピューターにハッキングをかけてプログラムを書き換える。

 


そのぐらいはしなければリアリティがない、なんて思っていた。

 


がしかし、私の会社でこんな事件が。

 


会社の機械を修理する間、別の会社から代わりの機械を借りてきた。

 


しかしその機械は電源を入れると逆回転をしたのだ。

 


どうすればいいのか解らず、電気屋の真田さん(仮名)に相談すると、

「モーター部のパネルを開けるんだ」

開けると白、緑、赤、黒と四本のコードが有った。

 


「それだ。赤と黒のコードを入れ替えて繋ぐんだ」

 


言われるままにコードを繋ぎ替えると、なんと逆回転していた機械が、正回転しだしたのです。

 


まさか?

 


そんなバカな?

 


そう、真田さんは正しかったのです。

 


機械とはそういうものらしいのです。

 


私が間違っていた。

 


やはり真田さんは凄い。

 


天才科学者だ。

 


唯一残念なのは放射能除去装置を自分で作れなかったことだけです。

 


ヤマトは素晴らしい作品です。

 


もし観る機会があれば、是非観てください。

 


今、観ても面白いと思います。

 


「ヤマトか……何もかも、みな懐かしい......」