カズマの日記

映画の感想と雑談

映画

グラディエーター

第68回目はグラディエーターです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2000年のアメリカ映画です。 ローマ帝国の剣闘士の物語。 ラッセル・クロウ扮するマキシマス将軍は当時のローマ皇帝アウレリアス帝に、後継者にと指名されますが、返答を引き延…

タイタンの戦い

第67回目はタイタンの戦いです。 出典Amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1981年のアメリカ映画です。 ギリシャ神話におけるペルセウスの物語の映像化です。 幼い頃の私にとって神話と言えばギリシャ神話でした。 できれば最初から最後まで映画化して欲…

ダンス・ウィズ・ウルブズ

第66回目はダンス・ウィズ・ウルブズです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1990年のアメリカ映画です。 舞台は1863年の南北戦争中のアメリカです。 ケビン・コスナー扮するジョン・ダンバーは北軍の中尉だった。 戦闘の功績で赴任地を選択でき…

ヒート

第65回目はヒートです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1995年のアメリカ映画です。 アル・パチーノとロバート・デ・ニーロという二大スターの対決です。 なんか2人はライバルというイメージがありませんか? 私は2人の映画をあまり観たことは…

アラビアのロレンス

第64回目はアラビアのロレンスです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1962年のイギリス映画です。 歴史上の人物で尊敬するのは誰かと聞かれれば、私はトーマス・エドワード・ロレンス、すなわちアラビアのロレンスと答えます。 第一次世界大戦中…

ワイアット・アープ

第63回目はワイアット・アープです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1994年のアメリカウエスタン映画です。 ワイアット・アープは実在の保安官で、ほかにも「OK牧場の決闘」や「トゥームストーン」など多数の映画の題材になっています。 と、言…

ステルス

第62回目はステルスです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2005年のアメリカ映画です。 舞台は近未来、最新鋭ステルス戦闘機のパイロットに選ばれたベン、カーラ、ヘンリーと人工知能搭載無人戦闘機エディの物語。 この映画はただただ戦闘機がカ…

ルパン三世 カリオストロの城

第61回目はルパン三世カリオストロの城です。 出典amazon.co.jp *ネタバレ注意です 1979年のアニメ映画です。 今のところ、私が思うルパン三世の中で1番面白い作品です。 この映画以降のルパン像に深く影響を与えていることから、製作陣や原作者にも評価さ…

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

第59回目はキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2002年のアメリカ映画です。 フランク・W・アバグネイル・Jrの自伝による実話映画です。 アバグネイル(レオナルド・ディカプリオ)は天才詐欺師で、アメリカ…

コナン・ザ・グレート

第58回目はコナン・ザ・グレートです。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 1982年のアメリカ映画です。 アーノルド・シュワルツェネッガーが主演です。 筋骨隆々ムキムキマッチョが暴れる剣と魔法の冒険ファンタジーです。 ストーリーは主人公コナンが…

ナイト・ミュージアム

第57回目はナイト・ミュージアムです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です 2006年のアメリカ映画です。 主人公ラリーは仕事を長続き出来ない男で、失職中だった。 離婚した元妻の元で暮らす息子のニックに良いところを見せようと、就職したところは自…

スペースバンパイア

第56回目はスペースバンパイアです。 amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1985年のイギリス映画です。 内容はタイトルの通り、宇宙吸血鬼が地球にやって来るというSFホラーです。 宇宙からはいろんな宇宙人がやって来ますが、スペースバンパイアは独特な…

シンドバッド7回目の航海

第55回目はシンドバッド7回目の航海です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1958年のアメリカ映画です。 厳密にはシンバッドなんだけれど、日本人に浸透しているシンドバッドで表記されているようだ。 私は怪物と戦ったり、財宝を探したりする冒…

パンズ・ラビリンス

第54回目はパンズ・ラビリンスです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2006年のメキシコ・スペイン・アメリカの合作映画です。 私はこの映画を観る前、なんだか薄気味悪くて嫌だなと思っていました。 ダークファンタジーとジャンル分けされていた…

ゼブラーマン

第53回目はゼブラーマンです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2004年の日本映画です。 奇しくも前回紹介したデビルマンと同年の公開であり、表と裏、陰と陽、不動明と飛鳥了のような存在である。 鳴かず飛ばずのデビルマンに対して、ゼブラーマ…

デビルマン

第52回目はデビルマンです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2004年の日本映画。 私は劇場公開当時から、デビルマンを観たい観たいと思い続けていた。 しかし、観るに至らなかったのには訳がある。 それはデビルマンの評価が邦画史上最低だった…

真珠の耳飾りの少女

第51回目は真珠の耳飾りの少女です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2003年のイギリス・ルクセンブルク合作の映画です。 画家フェルメールが「真珠の耳飾りの少女」の絵を描きあげる話です。 出典Amazon.co.jp 私の記憶では「青いターバンの少…

スクール・オブ・ロック

第50回目はスクール・オブ・ロックです。 出典Amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2003年のアメリカ映画です。 ロックは好きですか? 私はロックやヘヴィメタルが好きでした。 小学6年生でロックに触れ、中学生の頃にはどっぷりハマっていました。 ちょ…

カリフォルニア

第49回目はカリフォルニアです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1993年のアメリカ映画です。 ルポライターのブライアンは写真家の恋人キャリーと共に、連続殺人事件の犯行現場を取材する旅に出る。 この映画もいわゆるロードムービーで、目的地…

テルマ&ルイーズ

第48回目はテルマ&ルイーズです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 ウェイトレスのルイーズと専業主婦のテルマは親友同士で、週末に一泊旅行に出る。 夕食に立ち寄ったバーでテルマは男に乱暴される。 そこを助けに来たルイーズがその男を銃で射…

ミザリー

第47回目はミザリーです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1990年のスティーヴン・キング原作のアメリカ映画です。 主人公ポール・シェルダンは小説家で人気作ミザリー・シリーズの著作者である。 ミザリーを完結させたポールは新たに新作を書き…

セブン

第46回目はセブンです。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 1995年のアメリカ映画です。 連続猟奇殺人事件を追う刑事の物語。 モーガン・フリーマン扮するサマセットはあと7日で定年退職を迎える老刑事。 後任はブラッド・ピット扮するミルズ刑事だ。 2…

ディープ・インパクト

第45回目はディープ・インパクトです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1998年のアメリカ映画です。 その当時は世紀末が近いこともあって、隕石が降ってきて、人類滅亡の危機に直面するという映画が山ほどあった。 有名なところではアルマゲドン…

羊たちの沈黙

第44回目は羊たちの沈黙です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1991年のアメリカの映画です。 主人公はジョディ・フォスター扮するFBI実習生のクラリス・スターリングです。 そして、もう一人の主人公がアンソニー・ホプキンス扮する、ハンニバ…

ホーム・アローン

第43回目はホーム・アローンです。 出典amazonn.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1990年のアメリカのコメディ映画です。 当時、この映画の主演子役マコーレ・カルキンが名を轟かせた。 シリーズも5まであるらしく、人気作品のようだ。 私は以前にテレビでチ…

メン・イン・ブラック

第42回目はメン・イン・ブラックです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1997年のアメリカ映画です。 その昔、アメリカで宇宙人の目撃情報があり、それを取材していた記者の元に黒ずくめのスーツを着た謎の組織がやってきて、 「これ以上、宇宙人…

プライベート・ライアン

第41回目はプライベート・ライアンです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 私には苦手な映画が3種類ある。 1、不治の病もの 最後に死んで終わるようなのは好きじゃない。 泣きもしない。 2、第二次世界大戦もの いわゆる戦争映画だが、特に日本軍…

ザ・ファーム/法律事務所

第40回目はザ・ファーム/法律事務所です。 出典Amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1993年のアメリカ映画です。 ハーバード・ロースクールをトップクラスの成績で卒業した主人公トム・クルーズ扮するミッチは破格の条件でメンフィスにある法律事務所にス…

グレムリン

出典 第39回目はグレムリンです。 出典Amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1984年のアメリカの映画です。 グレムリンの存在をこの映画で知ったという人も多いと思います。 元々、グレムリンはヨーロッパの伝説の妖精なのです。 悪戯好きで、機械の故障の…

ゲドー戦いのはじまりー

第38回目はゲドー戦いのはじまりーです。 出典filmarks.com*以降ネタバレ注意です。 2004年のアメリカのテレビ映画です。 ホールマーク・セレクション・ファンタジーセットの3作目です。 ゲドといえば日本人ならば、スタジオジブリのゲド戦記を思い浮かべる…