カズマの日記

映画の感想と雑談

美味しんぼ-トンカツ慕情

第17回目は美味しんぼ-トンカツ慕情です。

f:id:kazuma_kazama:20190428083350j:image

出典wako-group.co.jp


*以降ネタバレ注意です。

 


我が家では2週間に一度はトンカツを食べに行く。

 


行きつけの店は「和幸」だ。

 


高級なトンカツ屋には行ったことはないが、私は和幸の味が好きだ。

 


ほかのトンカツ屋でも美味しい店はあるけどね。

 


近くのトンカツ屋が和幸で私はラッキーだ。

 


私にとって、トンカツというのは贅沢だったのだが、社会人になって手の届く贅沢となった。

 


繁華街に出掛けると、夕食代が高くつく。

 


しかし、トンカツならば1300円ほどで満足のいく美味しさが味わえる。

 


決して裕福ではない私には、手頃な贅沢なのだ。

 


私が学生の頃、誰かが言った。

 


「気兼ねなくトンカツが食べられるようになれば、人は幸せだ」

 


漫画の受け売りらしい。

 


私はトンカツを食べる度に、その言葉を思い出し、幸せになるのであった。

 


ふと、この言葉の出典はどこにあるのだろうと思い立ち、調べることにした。

 


おそらく、料理を主題にした漫画であろう。

 


そして、一発で見つかった。

 


美味しんぼじゃねーか!」

 


美味しんぼの登場人物は大金持ちになっていたが、

求めていたのはのは貧しかった頃に

ご馳走になったトンカツの味だった。

 


決して高級ではない、こだわりのあるトンカツ屋さんだ。

 


そこの店主が貧乏学生に言うのだ。

 


「トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。それが、人間えら過ぎもしない、貧乏過ぎもしない。ちょうどくらいってとこなんだよ」

 


残念ながら、私はそのちょうどくらいに、立ってしまっている。

 


この先、どんなにお金持ちになろうとも、和幸のトンカツを食べるよ。

 


幸せの記憶だからね。

 


トンカツは庶民でも味わえる贅沢なのだ。

 


それで言うと、映画観賞も贅沢な娯楽なのだ。

 


1800円で何億、何十億と予算を掛けた映画が観られるのだ。

 


お金持ちも、庶民も等しくだ。

 


そりゃ、お金持ちは映画館を貸し切ったり、自宅にホームシアターがあったりするかもしれないが。

 


感動の度合いは同じだと思う。

 


庶民の私としては、映画を観て、スーパー銭湯で温泉につかり、刺身付きの御膳でも食べられれば、極上の贅沢なのである。

 


今回はトンカツがメインで、美味しんぼを全話鑑賞したわけではなく、第35話トンカツ慕情を観ただけです。

 


料理や食材に関しては、誰もがなんらかの思い出があるものだと思います。

 


好き嫌いもあるだろうし、忘れられない味や、人生の転機に食べた料理など。

 


美味しんぼを観ると、そんな記憶が蘇ってくるし、また食べたくなる。

 


いつかまた、料理の思い出をメインに美味しんぼを語るかも知れない………クッキングパパかもしれない。