カズマの日記

映画の感想と雑談

子ネコ、拾いました。

突然ですが、ネコを拾いました。

 

f:id:kazuma_kazama:20190525004823j:image


水曜日の正午くらいにネコの鳴き声に気がつきました。

 


しかし窓から辺りを見回しても、玄関周辺にも見当たりませんでした。

 


それから午後3時になり、妻が帰宅。

 


「ネコの声がする」ということで、改めて捜索。

 


すると、我が家と隣家の間に、本当に小さなネコの赤ちゃんを発見。

 


まだ目も開いておらず、へその緒もついているような生まれて間もないネコのようです。

 

 

綺麗なタオルの上にいたので、おそらく捨て猫だと判断しました。

 


私が鳴き声に気づいてから、3時間かそれ以上放置されているとなると、生命に危機が及ぶのではないかと、咄嗟に保護しました。。

 


その後、警察に届けるも、保護センターに聞いてくれと見放され。

 


保護センターには受け入れは金曜日の午前中しか出来ませんと言われました。

 


しかも、保護したネコは余りに小さいので、保護センターに預けても、殺処分になる可能性が高いと言うのです。

 


こうなっては自分たちで育てるか、引き取り手を探すかしなければなりません。

 


しかし、こんな小さなネコを育てた経験もなければ、育てる度胸もない。

 


ただ責任感と使命感で、このネコを救わねばと思った次第です。

 


急いで、ペットショップで必要な物を揃え、何とかミルクを飲ませて、動物病院へと急ぎました。

 


幸いにも健康状態は良いようで、生後2、3日というところらしいです。

 


「育てるのは大変ですよ」と言われました。

 


2時間ごとにミルクをあげねばならず、普通なら、出来ませんと根を上げるところだった。

 


ところが、運命のいたずらか、神の導きか、何を隠そう、私は訳あって現在休職中なのであります。

 


もし、そうでなければ、私は生きたネコではなく、死んだネコと対面することになっていたかもしれない。

 


いや、生まれていたことに気づきさえしなかったかもしれないのだ。

 


この巡り合わせに奇跡を感じる。

 


私はこのネコの命を救う運命だったのかもしれない。

 


拾う前の子ネコの鳴き声は驚くほど大きく、母猫を呼ぶ声なのか、助けを呼ぶこえなのか、精一杯の力を振り絞って、鳴いていた。

 


今は落ち着いたのか、よく眠るし、大きな声でも鳴かない。

 


あれは生命の、魂の叫びだったのだ。

 


棄てた人間もその声を聞いただろうに。

 


私はこのネコを棄てた人間を許さないだろう。

 


もしも、私が独裁者であればネコを棄てた人間を裁判にかけて、サハラ砂漠のど真ん中に追放の刑に処するにところである。

 


そんな真面目な話はさて置き、私はこの出会いに感謝しているのだ。

 


どうか私に、この小さな命を守る力が授かりますように。