カズマの日記

映画の感想と雑談

ルパン三世 ルパンvs複製人間

第15回目はルパン三世 ルパンvs複製人間です。

f:id:kazuma_kazama:20190423130415j:image

出典eiga.com

*以降ネタバレ注意

 


ルパン三世のアニメ映画化の第1作目。

 


私は子供の頃からルパン三世が好きだった。

 


奇想天外な発想とストーリーやキャラクターの魅力に惹かれ、毎週楽しみにしていたものだ。

 


ルパン三世は私の憧れのヒーローだった。

 


泥棒だけどね。

 


その原点とも言えるのがこの映画なのだ。

 


それまでは漠然とテレビシリーズを観ていたのだが、この映画で初めて感動したのだ。

 


とにかくテレビ版とは違って、スケールがデカく、恐怖と感動を印象づける内容だった。

 


それも敵役のマモーによるところが大きい。

 


不気味な見た目もさることながら、殺しても再び蘇る神を語るほどの能力は、恐怖を与えるには充分だった。

 


タイトルに複製人間とあるので、もうネタバレでも何でもないが、マモーはクローンで、死ねば別のマモークローンが現れるというトリックなのだが、当時はクローンは最先端技術で、私はほとんど知らなかったと思う。

 


今でこそ、普通に観ているが、初見ではかなりビビっていたように思う。

 


マモーは現在でもルパン三世史上最大の敵だったのではないだろうか。

 


そのほかにもルパンと次元、五ェ門との友情も良く描かれている。

 


次元は次元なりの友情で、五ェ門は五ェ門らしい友情表現で、とてもいい感じです。

 


斬鉄剣がラストの方で活躍するんですが、それがもうカッコいいのなんのって、もうそのシーンだけで、この作品を名作に押し上げています。

 

 

 

そしてルパンと峰不二子との愛。

 


実は大人になっても2人の関係は理解できずにいる。

 


でも、そこが良いんだろうな。

 


銭形のとっつぁんは相変わらず。

 


銭形警部の下の名前はなんだっけ?

 


この映画で大体のルパン三世のキャラクター設定や後の映画のストーリーのパターンが決定づけられた様な気がします。

 


とにかく、古いですがこの映画だけはルパン三世を語る上で見逃せない、是非観ておいて欲しい作品なのです。

 


最後に原作者モンキーパンチさんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 


「マモー!ミモー!」