カズマの日記

映画の感想と雑談

エクソシスト

 

 

第120回目はエクソシストです。

f:id:kazuma_kazama:20200707225324j:image

出典Amazon.co.jp


1973年のアメリカのホラー映画です。

 


*以降ネタバレ注意です。

 


物語は女優のクリス・マクニールの娘リーガン・マクニールが悪魔に取り憑かれ、悪魔祓い師(エクソシスト)のメリン神父とカラス神父が除霊にやってくるというストーリー。

 


私は子供の頃にテレビで観たことがありました。

 


記憶ではめちゃくちゃ怖かった印象で、今回も観るのをためらっていました。

 


ですが、流石に私も大人になっていたので、全然怖くありませんでした。

 


なぜかホッとしました。

 


しかし、記憶というのは曖昧なもので、悪魔に取り憑かれたリーガンのシーンしか覚えていませんでした。

 


記憶では全編悪魔との戦いだった気がしていましたが、神父と悪魔の決戦は後半の30分ほどでした。

 


そこまでに母親のクリスやカラス神父の人間ドラマがあって、なかなか面白い作品になっています。

 


70年代の映像は色あせた感じがしてホラーにピッタリだと思います。

 


古き良きホラーの原点として是非観てみてほしいです。

 


悪魔は悪魔で怖いのですが、個人的にはそこまでのドラマパートの方が怖かったように思います。

 


映画の冒頭はイラクの遺跡でメリン神父が発掘を行なっているシーンから始まります。

 


そこには悪魔の像が建っていました。

 


悪魔の像を見た瞬間、フラッシュバックを起こしました。

 


「あ、こりゃヤベー奴だ」

とゾッとしてしまいました。

 


実は私はなぜかエジプトの神様やメソポタミアの神様(悪魔を含む)が子供の頃からやたら怖かったのです。

 


この映画を恐れていた理由はコレでした。

 


続いてはクリスとリーガンがアメリカ版のコックリさんをするシーン。

 


何気ないシーンですが、こんな事をしているから悪魔に取り憑かれるんですよ。

 


という私にとっては薄ら寒いシーンです。

 


そして悪魔に取り憑かれ、別人の様になってしまったリーガンは病院に連れて行かれます。

 


医者は脳の側頭葉に異常があると誤診します。

 


検査のため血を抜かれたり、カテーテルみたいなのを通されたりします。

 


誤診なのに。

 


当然、異常は発見されず「じゃあ骨髄の異常かも?」とか言って骨髄液を取られます。

 


誤診なのに。

 


骨髄液を採取するのって危険じゃなかったでしたっけ。

 


医療ものが苦手な私はゾワゾワしっぱなしです。

 


当然骨髄からも異常はなく、今度は精神疾患だと診断されました。

 


しかも、医者から悪魔払いを勧められるのです。

 


それで正解なのですが、医者がする話ではないように思います

 


この病院、なんか怖くないですか。

 


前半の方がスリリングな気がします。

 


さて、悪魔に取り憑かれリーガンですが、迫真の演技です。

 


特殊メイクの効果もありますが、見応えがあります。

 


リーガンと神父との戦いは派手ではありませんが、緊迫感があって良かったと思います。

 


全体的にホラー的な怖さは薄かったように感じました。

 


母親や神父の心情を描いたヒューマンドラマとして観ることができます。

 


怖い映画を1つ克服できて良かったです。

 


子供の頃の印象って影響力が大きいんだなと思いました。