カズマの日記

映画の感想と雑談

カッコいいキャラはかえってバカにされる編

 

 

シャアといえば、カッコいいキャラ設定なのだが、何かとバカにされることも多い。

f:id:kazuma_kazama:20200229002802j:image

出典amazon.co.jp

 

その最初がやはり、シャア専用ザクが3倍のスピードでやってくるという件です。

 


しかし、言うほど変でしょうか?

 


仮に量産型ザクが時速20kmならばシャアザクは時速60km。

 


時速40kmで時速120km。

 


そう考えれば、あり得なくもないでしょう。

 


私の感覚では量産型ザクが時速100kmでシャア専用ザクが時速300kmまでが限界です。

 


それ以上は私も笑ってしまいます。

 


諸説あるようですが明確な設定はないようです。

 


そのほかにも、民間人のセイラ・マス

銃を向けられ、ホールドアップされるほど隙があったり。

 


大事なカメラを狙撃されたり。

 


素人同然のホワイトベース隊に奇襲を受けて補給を邪魔されたり(劇場版では補給は成功)と、やられっぱなしです。

 


ガンダムにも歯が立たず、モビルスーツの性能が決定的な戦力差であることを教えてもらいます。

 


仕舞いにはマスクがカッコ悪いなどと言われたりもします。

 


そんなこんなでシャア派の人間は肩身の狭い思いをしています。

 


私の周りはアムロ派ばかりです。

 


しかし、小学生の頃に私と同じくシャア派の友人がいました。

 


彼の名をここではワダンとしておきます。

 


ワダンは いわゆるごっこ遊びが大好きで、よく私と北斗の拳ごっこをしていました。

 


しかも、全力で。

 


ワダンの演技力と芝居がかったセリフまわしが魅力的だった。

 


将来、彼は役者になれば良いのにと思っていました。

 


そして小学生のある日の掃除の時間。

 


ワダン

ガンダムで言えば……俺はシャア!」

ワダンは突然、キメ顔で私に言ってきた。

 


ふふ、何をバカなことを言っているのだろう。

 


シャアは

 


私だ!

 


「見せてもらおうか!自称シャアの腕前とやらを(シャアのセリフより)!」

私は手に持っていたホウキをビームサーベルのように構えた。

 


掃除の時間はホウキチャンバラの時間でもある。

 


ワダン

「ぬあ!貴様よくもシャアのセリフを!」

 


ワダンと私は激しく鍔迫り合いを行った。

 


「さらに出来るようになったな、ワダン(シャアのセリフより)!」

 


ワダン

「ぬあー!またしてもシャアのセリフを!」

 


私はワダンを背にしてシャア専用ズゴックのように逃げ出した。

 


ワダン

「逃すものか(アムロのセリフ)!」

 


渡り廊下を走り、角に差し掛かった時。

 


キュピーン!

 


私は咄嗟に振り返り掃除をしているフリをした。

 


そこへ

 


ワダン

「シャア!覚悟ー(アムロのセリフより)!」

 


私はワダンの斬撃をくらい派手に倒れた。

 


次の瞬間、ワダンは後ろから拳骨を喰らった。

 


角を曲がった先には先生がいたのだ。

 


「ワダン君がいきなり……」

 


ワダンは先生に首根っこを掴まれ職員室へと連れて行かれる。

 


私は立ち上がりワダンに敬礼する。

 


「聞こえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい(シャアのセリフより)!」

 


先生には聞こえないようにそっと呟いた。

 


しかし、ワダンには伝わったようだ。

 


ワダン

「謀ったなシャアー(ガルマのセリフより)!」

ワダンは先生に引きずられながら、私をシャアだと認めてくれたようだった。

 


そんな遊びを毎日していたあの頃……。

 


……時を戻そう。

 


シャアがアムロ負けっぱなしだと思っている人が多いですが。

 


劇場版1作目ではザクではガンダムに勝てなかったものの。

 


ホワイトベースをジオンの勢力圏に引き入れ、ガルマ・ザビ謀殺に利用したのだから

 


戦略的に見れば、シャアが勝ったと言って間違いないでしょう。

 


シャアは負けていないのです。

 


ここは異論はないと思います。

 


たぶん。

 


皆さんそうでしょ?

 


哀戦士編につづく