カズマの日記

映画の感想と雑談

ターミネーター2

 

 

第73回目はターミネーター2です。

 

f:id:kazuma_kazama:20191122183343j:image

出典amazon.co.jp

 

*以降ネタバレ注意です。

 


1991年のアメリカ映画です。

 


私はもう何度も観ていますが、基本初めて観たときの感想を書きたいと思います。

 


一作目から10年後という設定です。

 


人類を絶滅させようとする未来のスカイネットが再びターミネーターを現代に送り込んで来ます。

 


今度は未来の指導者ジョン・コナーを抹殺するというのです。

 


もはや、知らない人もいないような作品だと思いますが、一応極力ネタバレのない方で書きたいと思います。

 


まずは一作目を絶対観なければなりません。

 


いきなり2から観るのはやめましょう。

 


2だけでも充分面白いですが、

 


その面白さは1000分の1位になっているでしょう。

 


あとで一作目を観ても面白さ半減です。

 


非常にもったいないです。

 


そして、2について何も知らないという人は

そのまま何も情報を入れないまま鑑賞することをお勧めします。

 


公開当時は敵の情報が隠されていました。

 


判っているのは新型のターミネーターが出るということくらいでした。

 


序盤のシュワルツェネッガー扮するターミネーターT-800は前作を踏襲するような演出で盛り上がります。

 


ターゲットのジョン・コナーとT-800が初対面するシーンは予想外でした。

 


緊迫感とともに展開について行けず、驚愕したものです。

 


未来の指導者ジョンのクソガキっぷりから、成長する過程には薄っすら感動するかもしれません。

 


そして、リンダ・ハミルトン扮するサラ・コナーは出てきた瞬間に一作目からの10年間を思わせる見事な役作りでゾワっとしました。

 


サラとT-800の初対面シーンは名演技です。

 


サラの恐怖が伝わって来ます。

 


迫って来るT-800もただ歩いているだけですが、ものすごい迫力です。

 


そして新型ターミネーターT-1000は当時衝撃の存在でした。

 


一作目でターミネーターにも驚きましたが、桁違いの驚きです。

 


映像的にも最先端技術で撮影されていたと思います。

 


前作は未来を繋ぐストーリーでしたが、今作はジョンとサラが未来を変える戦いになります。

 


さて、一体どうなるのでしょうか?

 


是非観て下さい。

 


3や4がある時点で大体の察しはつきますか?

 


実は当初ターミネーターは2で完結する予定だったそうです。

 


封印された完結エンディングも存在するようですが、続編を匂わせるようなエンディングに差し替えられました。

 


現在、3以降を無かったことにして2の直接の続編ターミネーターニューフェイトが公開中です。

 


まだ私は観ていませんが。

 


私の予想ではニューフェイトすら無かった事になり、ターミネーターは2で完結であるという展開になるような気がしています。

 


その時ターミネーター2完結版として幻のエンディングが復活するかもしれません。

 


そうならなければ良いとは思いますが、幻のエンディング版も観てみたいです。

 


因みにこの映画が私とアメリカのロックバンド

Guns N' Rosesとの出会いでありました。

 


エンディングと作中のラジカセで掛かっています。

 


You could be mine という曲です。

 


この映画が無ければ私の人生は違っていたと思います。

 


最高に面白いので、是非観て下さい。

 


Trust me!

 


デデンデンデデン デデンデンデデン