カズマの日記

映画の感想と雑談

ターミネーター

 

 

第72回目はターミネーターです。

f:id:kazuma_kazama:20191121110355j:image

出典amazon.co.jp

 

 

*以降ネタバレ注意です。

 


1984年のアメリカ映画です。

 


監督ジェイムズ・キャメロンターミネーター役のアーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げたことで有名です。

 


製作当時は低予算のB級映画として考えられていましたが、今や映画史上に残る映画となっています。

 


低予算映画はアイデアで勝負する分、斬新な作品が多いように思います。

 


ジャンルはSFホラーです。

 


2029年、核戦争後の未来。

 


人類は機械と戦争をしています。

 


機械軍は敗北を目前に迎えるのですが、起死回生の策に出ます。

 


核戦争以前の時代1984年(当時の現代)に殺戮機械ターミネーターをタイムマシン送り込み、人類軍の指導者であるジョン・コナーが生まれる前に母親であるサラ・コナーを抹殺しようとする。

 


時同じくして未来から、サラ・コナーを守るためにカイル・リースがタイムスリップしてくる。

 


不死身のターミネーターとサラ&カイルの戦いの物語。

 


私は少年の頃にテレビで鑑賞しました。

 


当時はシュワルツェネッガーの存在も知らなかったので、ターミネーターが人間の姿の状態でもかなり迫力があり怖かった。

 


徐々に皮膚が剥がれ機械部分が露出していくのだが、不気味さが溢れていた。

 


最終決戦辺りでは、心底ターミネーターに恐怖したのを覚えています。

 


今でもコタツに潜り混んでテレビを観ている自分が思い出されます。

 


ホラーといえば幽霊か怪物かが定番でしたが、機械が襲ってくるなんて映画は初めてだったのではないでしょうか。

 


新作も公開されることですし、是非鑑賞して下さい。

 


ところで私が高校生の時、クラスメイトにシュワルツェネッガーにそっくりの同級生(仮名シュワくん)がいました。

 


文化祭が近づき、クラスの出し物を決める時、私は映画を撮ろうと言いました。

 


「シュワくん主演でターミネーターを撮ろう!」

 


私は既に考えておいたプロットを説明した。

 


冒頭、まず光が点滅する。

 


そして、ひざまずくシュワくん。

 


デデンデンデデンドンドン

 


当然、全裸。

 


そこは女子更衣室。

 


驚いて固まる女子高生。

 


(できればちょっとお色気で)

 


シュワくん、立ち上がって

 


「服をよこせ!」

 


女子高生、悲鳴

 


女子更衣室から、ぴちぴちのセーラー服で出てくるシュワくん。

 


デデンデンデデンドンドン

 


もう一度振り返り、女子更衣室を覗きこんで

 


「アイルビーバック!」

 


と、最初のワンシーンで、私は傑作の脚本だと手応えを感じた。

 


しかし、男子からは絶賛されたが、女子からは冷たい視線を送られた。

 


何故だ?

 


何よりも主演のシュワくんには出演を断固拒否されてしまった。

 


何故なんだ!

 


結局、私の意見は採用されず、映画を撮ることはなかった。

 


しかし、私には未練がある。

 


映画を撮るチャンスなんて素人には一度あるかないかだと思う

 


学生時代に一度くらいは映画を撮ってみたかったな。

 


今ならスマホYouTube動画くらい、その気なれば撮れなくもないか。

 


ターミネーターは私の中学生時代には衝撃の作品であり、高校時代では青春の思い出であるのです。