カズマの日記

映画の感想と雑談

ステルス

 

 

第62回目はステルスです。

f:id:kazuma_kazama:20190929151708j:image

出典amazon.co.jp

 

*以降ネタバレ注意です。

 


2005年のアメリカ映画です。

 


舞台は近未来、最新鋭ステルス戦闘機のパイロットに選ばれたベン、カーラ、ヘンリーと人工知能搭載無人戦闘機エディの物語。

 


この映画はただただ戦闘機がカッコいい。

 


それだけを楽しむ映画です。

 


戦闘機のTVゲームのような映像で、戦闘機好き、ゲーム好きにはたまらない映像になっていると思います。

 


私はこの映画がかなり好きです。

 


しかし、ツッコミどころも満載のため、世間の評価はかなり低めの様です。

 


でも、私はこの作品が大好きです。

 


近未来SFなので、リアリティの欠如は大目にみて欲しいと思います。

 


人工知能搭載無人戦闘機は良い設定だと思います。

 


ありきたりと言えばそうですが、要は設定が活かせるかどうかですよね。

 


そして、あっさり飛行中に落雷を受けて人工知能は故障してしまいます。

 


人工知能エディは予想に漏れなく自我に目覚めて命令違反を犯し逃亡します。

 


主人公たちがエディを追跡し、捕獲または撃墜する任務にあたるというのが主なストーリーです。

 


追跡、戦闘シーンはかなり良く出来ています。

 


映像的にも綺麗です。

 


問題は脚本なんですかね。

 


例えば、主人公たちは対テロチームなんです。

 


ミャンマーにあるビルに大物テロリストが3人集まるので、ミサイルで吹っ飛ばそうという任務を与えられます。

 


……良いのかな?

 


まあ、近未来の話だしテロ対策も進んでいるってことかな。

 


そして唐突にタイでバカンス。

 


ミャンマーで大事件を起こしておいて、近隣国のタイで堂々と休暇を満喫。

 


次の任務はパキスタンのテロリストが核弾頭を手に入れたので、ミサイルで吹っ飛ばそうという任務です。

 


……大丈夫かな?

 


まあ、現実のアメリカでも似たようなもんか。

 


その後、ロシアの領空を侵犯してロシア軍戦闘機を4機ほど撃墜。

 


ついでに、北朝鮮もトバッチリを受けてドンパチ。

 


第三次世界大戦へまっしぐらのストーリー展開ですが。

 


映画の最後は笑顔で終わります。

 


どうやらロシアも北朝鮮パキスタンも、相当心の広い国のようです。

 


平和で良かった。

 


そのほかにも、政略あり、陰謀ありと割と詰め込んだ作品になっていると思います。

 


深く考えずにゲーム感覚で観るのがベストだと思います。

 


プレイステーションエースコンバットという戦闘機ゲームがありますが、雰囲気が似ています。

 


私はエースコンバットも好きなのですが、それの実写版だと思って観れば、最高の作品だと思います。

 


機会があれば観てみて下さい。