カズマの日記

映画の感想と雑談

あなたの番です

 

 

 

第60回目は「あなたの番です」です。

f:id:kazuma_kazama:20190925202630j:image

出典ntv.co.jp


*以降ネタバレ注意です。

 


2019年の日本のテレビドラマです。

 


あるマンションに引っ越してきた新婚夫婦の手塚翔太、菜奈夫妻は住民会で行われた交換殺人ゲームに巻き込まれるというストーリー。

 


人間は9割の確率で家族、恋人、友人、職場の人間、いわゆる知人に殺されるという。

 


なので、無関係な人間であるほど、逮捕されにくいというわけだ。

 


そんなわけでマンションの住人は遊び半分で、殺して欲しい人を1人名前を紙に書き投票箱に入れ、クジ引きのように1枚ずつ引いた。

 


お互い誰の名前を書いたのか判らず、誰の名前を引いたのかも判らない。

 


ただそれだけの遊びのつもりだった。

 


しかし、その後実際に殺人事件が起こる。

 


殺された人の名前を書いた人のところには「あなたの番です」と書かれた脅迫状が届く。

 


誰かが交換殺人ゲームを本気で初めてしまったのだ。

 


住民会に参加した全員が容疑者であり、またマンションの住人全員が怪しい人物なのだ。

 


1話ごとに人が死んでいき、スリルがあります(不謹慎)

 


お互い誰の名前を書いたのか

 


誰の名前を引いたのか

 


次は誰が殺されるのかを推理しながら観ることがゲーム感覚で(不謹慎)楽しめます。

 


警察の捜査がズサンなところや、展開が強引なところは気になりますが、概ね面白いです。

 


視聴者が一緒に推理できるテンポのドラマは良く出来ていると思います。

 


交換殺人リスト表を作りながら観ると良いと思います。

 


整理できると簡単に犯人がわかると思います。

 


そうです。

 


その人です。

 


しかし証拠がない。

 


動機がない。

 


で結局、最後まで犯人を絞れないまま最終回まで、引っ張られるわけです。

 


ドラマは前クール、後クールの「反撃編」に分けられているのですが、前半はかなり面白いと思います。

 


役者が個性的で演技力もあるので、緊迫感があり演出も脚本も良く出来ていると思います。

 


後半は少しテンポが悪い感じがしますが、解決に向かって行くので、悪くないと思います。

 


ただ、丁寧に広げた風呂敷を大雑把にたたみ込んでいる感じはします。

 


じれったい展開と急に収束する最終回についていけないかもしれませんが。概ね面白かったと思います。

 

 

 

ぶっちゃけて言うと、交換殺人なんて全く接点のない人間同士でやらないと意味がないですよね。

 


同じマンションの住人同士でやったらバレバレですよ。

 


全員の部屋を家宅捜査すれば終わりです。

 


ま、それではドラマにならないですけどね。

 


推理ものなので多くは語りませんが、機会があれば観てみてください。

 


そして、ラストの謎の答えを私に教えてください。

 


あなたの番です。