カズマの日記

映画の感想と雑談

ナイト・ミュージアム

 

 

 

第57回目はナイト・ミュージアムです。

f:id:kazuma_kazama:20190920183531j:image

出典amazon.co.jp


*以降ネタバレ注意です

 


2006年のアメリカ映画です。

 


主人公ラリーは仕事を長続き出来ない男で、失職中だった。

 


離婚した元妻の元で暮らす息子のニックに良いところを見せようと、就職したところは自然史博物館だった。

 


ラリーはそこで夜間警備の仕事をする。

 


しかし、その博物館は夜な夜な展示物の人形が動き出す魔法の博物館だった。

 


そこだけ聞くとホラーな感じですが、中身は全くのコメディです。

 


セオドア・ルーズベルト大統領の蝋人形を始め、石像や銅像、ミニチュアサイズのローマ兵のフィギュア、動物の剥製、そしてティラノサウルス骨格標本まで動き出す。

 


そこが見どころで、それだけの話なんだけど。

 


ハリウッド映画にはよくある設定で、だいたいの主人公が離婚しているか、別居しているか家庭に問題を抱えている。

 


別に、それ自体に文句があるわけではないが、またこういう設定かとマンネリに感じてしまう。

 


聞いた話によると、家庭に問題を抱えていない主人公の映画は子供向け、という風潮があるらしい。

 


本当かどうかは知らないが、その発想自体が子供っぽい感じがする。

 


そうなって来ると映画の感動するポイントが決まって来ると思うのです。

 


夫婦が信頼関係を回復するとか

 


ダメな父親が子供の尊敬を取り戻すとか。

 


シチュエーションは異なっても、感想が同じになってしまう。

 


この映画ではそこまで家族ドラマは感じなかったが、ありがちな設定だなと感じてしまった。

 


メインは博物館の展示物との交流なので、家族部分はオマケに感じるのだが、その部分が無かったら無かったで、ヤッパリ子供向け感しか残らないので、難しいところなのでしょう。

 


物語の本質は仕事が長続きしない主人公が展示物と協力しつつ、事件を解決して自分の使命を果たすというところにあるので、ありがち設定じゃなくても、大人も子供も楽しめる映画だと思います。

 


家族で観るのにオススメです。

 


でも、仕事が上手くいっていないお父さんはブルーになっちゃうかも……。