カズマの日記

映画の感想と雑談

ディープ・インパクト

第45回目はディープ・インパクトです。

f:id:kazuma_kazama:20190728204834j:image

出典amazon.co.jp

 

*以降ネタバレ注意です。

 


1998年のアメリカ映画です。

 


その当時は世紀末が近いこともあって、隕石が降ってきて、人類滅亡の危機に直面するという映画が山ほどあった。

 


有名なところではアルマゲドンとこのディープ・インパクトではないでしょうか。

 


この映画は群像劇で特定の主人公というのがいない。

 


高校生のリオ・ビーダーマン

ニュースキャスターのジェニー

宇宙飛行士のフィッシュ

のエピソードが並行して進む。

 


物語は天文部のリオ・ビーダーマンが天体望遠鏡で未知の彗星を発見することから始まる。

 


その彗星は2年後に地球に衝突するというのだ。

 


1年後、アメリカの大統領が事実を公開発表する。

偶然にも彗星の情報を掴んだニュースキャスターのジェニーはこの件でトップキャスターに昇進する。

 


アメリカの計画では宇宙船で彗星に着陸し、核爆弾をセットして破壊するという。

 


フィッシュのほか若い宇宙飛行士が任務にあたる。

 


そして万が一に備えて、地下都市を建設して、そこに避難するというものだった。

 


しかし避難できるのはたった100万人のみであった。

 


先ずは宇宙船の方だが、どうして一隻だけなのだろうか?

 


10隻でも20隻でも有りったけの核爆弾を搭載して行けば良いと思うのだけど。

 


そして、地下都市シェルターに入る100万人のうち20万人は技術者や科学者、芸術家などがすでに選抜されていて、残りの80万人は抽選となる。

 


リオとジェニーは選抜されるのだが、愛する人が選抜されなかった。

 


そこで彼らが取る選択肢が見どころというわけである。

 


私は諦めないで、生きられるなら生きる選択肢を選んで欲しいと思う。

 


その昔、私が中学生の頃、塾の先生が「地球が滅亡するとき、脱出する宇宙船に乗せてもらえるような大人になりなさい」と言っていた。

 


私は残念ながら、そんな立派な大人にはなれませんでしたが、なんとしてでも生き残ってやろうと思います。