カズマの日記

映画の感想と雑談

ファイトクラブ

 

 

 

第37回目はファイトクラブです。

f:id:kazuma_kazama:20190714000537j:image

出典amazon.co.jp

 


*以降ネタバレ注意です。

 


1999年のアメリカ映画です。

 


最近は、ミニマリストなんていう人が増えていますが、残念ながら私は物欲が大きく、物が捨てられないタイプなのです。

 


物に支配されている。

 


そんな自分から解放する。

 


という内容の映画です。

 


主人公は大手自動車会社に勤務するエリートで、高級な家具や食器、ブランドのスーツなどを買い揃える物欲主義者であった。

 


なに不自由ない暮らしだったが、主人公は不眠症に悩まされていた。

 


そんなある日、主人公は自宅マンションをがガス爆発で吹っ飛ばされ、全てを失ってしまう。

 


主人公は飛行機で隣りに座って知り合った石鹸のセールスマンのタイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)を頼る。

 


タイラーは主人公とは真逆の性格で、物に縛られず、住処も廃屋に住んでおり、自由な存在だった。

 


主人公とタイラーは憂さ晴らしに殴り合いを始める。

 


次第に人が集まり、いつしかファイトクラブと呼ばれる秘密の集まりとなっていた。

 


どんどん人が増えていき、殴り合いだけでなく、犯罪からテロへとエスカレートして行く。

 


主人公とタイラーの間に徐々に亀裂が入り、主人公はテロを阻止しようとする。

 


ストーリーはそんなところです。

 


私も若い頃は夜は眠れず、友人たちと深夜徘徊をしていた。

 


生活に不満があるわけではないが、何か満たされないものがあった。

 


居場所を求めていたのだろうか。

 


流石に犯罪やテロはしなかったが、暇を持て余していた。

 


だから、主人公の気持ちも解らないではない。

 


思いっきり殴り合いでもして、スカッとしたいというのもあったと思う。

 


幸い、今の私には妻も猫もいるので、居場所があるのだけれど。

 


世の中には居場所がなくて、犯罪に手を染めるものもいるのだろう。

 


そんな危うい人たちの映画です。

 


果たして主人公は自分の居場所を見つけられるでしょうか。

 


前半は辛いかもしれませんが、最後まで観ればなかなかに面白い映画だと思います。

 


前半、ところどころノイズが入るのですが、最初は気に留めていませんでした。

 


後半ノイズの正体が解って、見直すと「なるほど!」と感心してしまいます。

 


社会に不満があったり、自分の居場所を探している人にはオススメの映画かな。

 


でもタイラーに共感しちゃう人は危ないかも。