カズマの日記

映画の感想と雑談

キャリー

第13回目はキャリーです。

f:id:kazuma_kazama:20190407153701j:image

出典filmarks.com 

*以降ネタバレ注意です。

 


スティーブン・キングのデビュー作です。

 


70年代のホラー映画の代表作ではないでしょうか。

 


主人公のキャリーが血塗れで佇んでいる画像は有名です。

 


しかし、私は本編を観たことがありませんでした。

 


あらすじもだいたい知っていましたが、観ると聴くとでは随分と違うものです。

 


ジャンルとしてはホラー映画に分類されていますが、内容はイジメ超能力学園モノといったところです。

 


そんなには怖くないです。

 


ストーリーは主人公キャリー・ホワイトは18歳で始めて初潮を迎える。

 


生理の存在を知らなかったキャリーは突然の出血にパニックになり、クラスメイトに助けを求めます。

 


クラスメイトは爆笑しながら、生理用品を投げつけて来ました。

 


周囲から笑われショックを受けたキャリーは超能力に目覚めます。

 


こんな風に発現した超能力者はキャリーが初めてだろう。

 


生理の存在を知らなかった理由には母親に原因があった。

 


キャリーの母親はキリスト教の狂信者で、生理が来たのはキャリーの心が汚れたからだと叱責する。

 


当の母親はキャリーを産んだこと、キャリーの父親と恋愛したことを汚れた背信行為と認識しているのだ。

 


そして、キャリーに清純で淑女のような生活を強要している。

 


それがキャリーのイジメられる原因ともなっている。

 


一方イジメた側のクラスメイトたちは、罰として体育の補習を受けることになった。

 


補習を受けなければ卒業パーティーのプロムに参加させないと体育教師に言われるのだが、クリスとスーは補習をボイコットする。

 


スーはキャリーに罪滅ぼしとして、恋人のトミーにキャリーをプロムに誘うように頼みます。

 


しかし、クリスはキャリーに罠を仕掛けます。

 


キャリーを投票操作でプロムクイーンに選出させ、表彰されたところを狙って、ブタの血を頭から浴びせかけるのだ。

 


計画は見事に成功し、有名な血塗れキャリーができあがった。

 


キャリーは周囲から大爆笑され、超能力でプロムにいる人間を皆殺しにします。

 


このシーンは私の想像と違っていた。

 


キャリーの超能力が暴走して人を殺してしまうのだと思っていたが、冷静に皆殺しにしていったのである。

 


キャリーは可哀想なイジメられっこではなく、立派なサイコパスだったのだ。

 


このシーンも、それほど残酷ではない。

 


私が戦慄を覚えたのは、その後だ。

 


キャリーは自宅に戻り風呂に入るのだ。

 


そして、結構サッパリするのだ。

 


しかも被害者面までしている。

 


もう皆殺しの惨劇など、些細なことである。

 


この辺りはスティーブン・キングらしい恐怖ではないだろうか。

 


そしてキャリーはラスボスとの対決に臨むのである。

 


この映画はイジメはダメだけど、イジメられてもメチャクチャな復讐もしてはダメという内容だ。

 


出来栄えは月曜ドラマランドのような感じかな。

 


狂信者の母親も怖いが、実はキャリーの父親が悪魔だったりして、などと想像してしまいました。

 


想像と違っていて、観て良かったですよ。

 


炎の少女チャーリーとちょっとゴッチャになってたのも解決しました。