カズマの日記

映画の感想と雑談

秒速5センチメートル

第9回目はアニメ秒速5センチメートルです。

 

f:id:kazuma_kazama:20190310183239j:image

出典eiga.com

 

*以降ネタバレ注意です。

 

 

 


桜の花びらが落下するスピードは秒速5センチメートルだそうだ。

 


物語は3話構成で、それぞれ中学生時代、高校時代、そして社会人になった現代となっている。

 


東京在住の遠野貴樹と篠原明里は小学生の頃、多くの時間を共に過ごしていた。

 


しかし、明里は小学校卒業とともに、栃木へと転校してしまう。

 


それでも2人は文通などで繋がっていた。

 


中学生になり今度は貴樹の方が鹿児島に転校することになる。

 


二度と会えなくなると考えた2人は最後に一度会うことを決意する。

 


しかし約束の日は大雪で、電車も立ち往生する程であった。

 


栃木へ向かう貴樹にとって、中学生にしては大冒険となったのだ。

 


なんとか明里と再会を果たし、その日に東京に帰れなくなった貴樹は、明里と2人で一夜を過ごす。

 


翌朝、東京に戻る貴樹と駅で別れるのだが、一方は最後の別れであり、一方には再会を期待する別れであった。

 


貴樹は鹿児島の種子島で高校生活を過ごす。

 


もはや、明里とは文通もメールのやり取りすらしていない。

 


しかし、貴樹は明里に未練があるようだ。

 


やがて貴樹は社会人となり、東京に帰ってくる。

 


それでも明里には会えない。

 


会おうともしない。

 


心の何処かで引きずっているだけだ。

 


そのせいで恋も仕事も上手く行かない。

 


やがて、貴樹と明里は踏切ですれ違うのだが。

 


この作品は風景がとても綺麗だ。

 


現実の景色を色彩豊かに再現している。

 


これは私の推測ではあるが、この作品を観て感動した人は、とても良い初恋を経験したことがあるのではないだろうか。

 


逆にこの作品で泣いた人は初恋の経験がないのではないだろうか。

 


そんな風に思うのである。

 


子供にとって引っ越しとは世界が変わる重大な出来事なのだ。

 


今でこそ携帯電話やらで、通信や交通が便利になってるけど。

 


昔なら一生の別れになってしまうだろう。

 


人の心は秒速5センチメートルで離れて行くものなのだ。

 


それを向き合って距離を縮めようと努力するものだ。

 


やがて心の重力と遠心力が釣り合って、ガミラスイスカンダルのように二重惑星になるのだ。

 


貴樹と明里がそれぞれ幸せになれば良いなと思う。

 


この映画を観て初恋を思い出してみてはいかがでしょうか。