カズマの日記

映画の感想と雑談

Nのために

第8回目はドラマ「Nのために」です。

f:id:kazuma_kazama:20190303181105j:image

出典tbs.co.jp
*以降ネタバレ注意です。

 

 

 

 


2014年のテレビドラマです。

 


物語の発端が殺人事件だったので、サスペンスかと思えば、友情や愛情などを描いたヒューマンドラマでした。

 


2004年のクリスマスイヴ。

高層マンションで、野口貴弘と妻の奈央子が殺害される。

 


現場には西崎真人、杉下希美、成瀬慎司、安藤望の4人がいた。

 


この殺人事件に至るまでの経緯と心情を紐解いていく。

 


人の為と書いて偽りと書くなどと言うが、嘘と秘密を誰かのために積み重ねて、悲劇へと繋がっていく。

 


そんな物語である。

 


西崎真人が殺人犯として逮捕され、懲役10年となる。

 


西崎は事情聴取で「Nのために」したことだと言う。

 


登場人物の殆どがイニシャルNなので、誰のことかは判らないが、誰もがに大切なNがいたと言うのである。

 


西崎はNのために行動を起こして、失敗した。

 


存外、お喋りの過ぎる西崎である。

 


それが命取りとなった。

 


杉下希美は瀬戸内海に位置する青景島出身で、高校卒業後、東京の大学へと進学する。

 


杉下は高校時代に父親とその愛人に、母親と弟と共に家を追い出され、屈辱にまみれた極貧生活を送る。

 


杉下希美は観るに耐えない不幸さであった。

 


彼女はNのために嘘をつき、救おうとした。

 


罪の共有という究極の愛である。

 


しかし、それが本当の愛かは分からない。

 


それが杉下の幸せを遠ざけたからだ。

 


成瀬慎司は杉下希美の同級生だ。

 


高校時代に成瀬の実家の料亭が火事になる。

 


この時、Nのために成瀬は秘密を背負った。

 


杉下と成瀬は燃え盛る炎を眺めながら、手を握る。

 


火事の真相は秘密のまま物語は進む。

 


2人の関係は罪の共有をしたがために、距離を取ることになる。

 


安藤望は被害者である野口の部下であった。

 


安藤だけが事件のピースから外れた存在だったが、彼もまたNのために行動を起こし、この事件をつなぐ鎖となるのだ。

 


それぞれが、ある事件をキッカケに封印した幸せを解放するまでが描かれる。

 


感想としては、異色なストーリーで面白い。

 


美しい風景と印象に残る別れと旅立ちの描写が、ノスタルジーをかき立て、印象的でした。

 


憧れるような友情があり、

目を背けたくなるようなトラウマがあり、

感情を揺さぶられます。

 


それぞれの再会のシーンも胸をうちます。

 


是非とも事件の結末を観て欲しいです。

 


誰かのために何かする気になれるかもしれません。

 


私はカズマなので「Kのために」何か行動して、生きていきたいと思います。