カズマの日記

映画の感想と雑談

沈黙-サイレンス-

第6回目はマーティン・スコセッシ監督のサイレンス。

f:id:kazuma_kazama:20190211111516j:image

出典eiga.com


*以降ネタバレ注意です。

 

 

 

 

 


1600年台の長崎におけるキリスト教の弾圧、迫害を扱っている。

 


主人公は宣教師のロドリゴ神父。

 


師匠でもある先任のフェレイラ神父が日本で棄教したと知らされ、その真偽を確かめるため自らも日本に乗り込む決意をする。

 


その案内役に選ばれたのが漁師のキチジローだ。

 


ロドリゴ神父とキチジローの対比と対話が物語の中核である。

 


ロドリゴ神父は日本に着き、隠れ切支丹たちに布教活動をする。

 


しかし、程なく奉行所に嗅ぎつけられ、捜査が始まる。

 


村人たちは「踏み絵」を強要され、拒否したものは拷問処刑に処せらた。

 


ロドリゴ神父は弾圧を目の当たりにして、神が沈黙していることに懐疑心を抱き、信仰が揺らぐ。

 


一方のキチジローは切支丹であったが、過去に踏み絵を踏んだ経験があった。

 


キチジローはロドリゴ神父に「告悔」して、許しを得る。

 


キチジローはその後も踏み絵を踏み、十字架に唾を吐きかけ、遂にはロドリゴ神父を奉行所に銀300枚で売り渡してしまう。

 


その都度、キチジローはロドリゴ神父に告悔して許しを請う。

 


ロドリゴ神父は呆れながらもキチジローに許しを与える。

 


この映画の重要なポイントは実はキチジローが一番信仰心が高く、ロドリゴ神父は信仰心が、もはやグラグラに揺らいでいるということなのだ。

 


踏み絵を踏んでも、神は許してくれる。

 


十字架に唾を吐きかけても、神は許してくれる。

 


神父を奉行所に売り渡しても、神は許してくれる。

 


キチジローはそう信じきっているのだ。

 


なんたる信仰心。

 


一方のロドリゴ神父は、なぜ神は救ってくださらないのか?

 


なぜ神は沈黙されているのか?

 


もしかしたら、神はいないのか?

 


と、もう迷走状態であった。

 


奉行所に捕縛されたロドリゴ神父は棄教を迫られる。

 


葛藤し苦悩しながらも、遂には切支丹たちの拷問を見せつけられ、彼らを救うために遂に棄教する。

 


ロドリゴ神父は信仰を棄てたことによって、失意に暮れていた。

 


そんな彼を救ったのが、キチジローだ。

 


物語終盤にキチジローがロドリゴ神父に告悔を求めるが、棄教したのでその資格がないと断られる。

 


しかし、それでもあなたはパードレ(神父)ですと、キチジローは説得する。

 


つまり、キチジローはロドリゴ神父に許しを与えたのである。

 


逆説的ではあるが、許しは神父だけが行えるのではない。

 


私たちの誰もが誰かを許すことができるのだ。

 


私は踏み絵なんぞ、なんぼ踏んでも良いと思う。

 


踏み絵はただの偶像だからだ。

 


生きるためならば、棄教したって構わない。

 


「宗教のために人があるのではない。人のために宗教があるのだ」

 


と、キリストも言っている。

 


時代背景から、そうせざる得ない状況だったのは解る。

 


迫害を肯定するつもりも、弾圧で死んだ人を否定するつもりもないが、誤った信仰が広まっていたと思わざるにはいられない。

 


信仰とは何か考えさせられる良い映画だと思う。

 


ちょっと重い内容ですが、興味があれば観てみて下さい。

 


そして、知ったかぶりで語っている私のことも、許して下さい。