カズマの一期一映日記

映画の感想と雑談

映画

デイズ・オブ・サンダー

第105回目はデイズ・オブ・サンダーです。 出典Amazon.co.jp 1990年のアメリカ映画です。 *以降ネタバレ注意です。 アメリカのNASCARやストックカーレースを題材にした作品。 ストーリーは型破りで無鉄砲なレーサーのコール・トリクルが、NASCARのデイトナ5…

トップガン

第104回目はトップガンです。 出典Amazon.co.jp 1986年のアメリカ映画です。 *以降ネタバレ注意です。 アメリカ海軍の戦闘機F-14トムキャットを題材にした作品。 出典Amazon.co.jp ストーリーは型破りで無鉄砲なパイロットのマーヴェリックがアメリカ海軍機…

ブラック・スワン

第103回目はブラック・スワンです。 出典amazon.co.jp 2010年のアメリカ映画です。 *以降ネタバレ注意です。 「白鳥の湖」を演じるバレリーナの物語です。 こういう舞台演目を最後に披露して終わるスタイルの映画は結構ありますね。 日本で言うとスイングガ…

アメリカン・ビューティー

第102回目はアメリカン・ビューティーです。 出典amazon.co.jp 1999年のアメリカ映画です。 *以降ネタバレ注意です。 タイトルのアメリカンビューティーはアメリカの美人という意味ですが、どうやらバラの品種だそうです。 ところどころバラの演出が出て来…

エイリアン2

第101回目はエイリアン2です。 出典Amazon.co.jp 1986年のアメリカのSF映画です。 *以降ネタバレ注意です。 前作と打って変わって、ホラーからアクション映画となりました。 娯楽性はエイリアン2の方が高いと思われます。 物語は前作でノストロモ号から脱出…

エイリアン

第100回目はエイリアンです。 出典Amazon.co.jp 1979年のアメリカのSFホラー映画です。 *以降ネタバレ注意です。 エイリアン=宇宙人というのが、定着したのはこの映画のせいだったと思う。 当時としては画期的な映画で、SFでホラーというのは斬新だったと思…

ロミオ+ジュリエット

第99回目はロミオ+ジュリエットです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1996年のアメリカ映画です。 シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」が原作で台詞もそのまま使われているらしい。 私は本場の「ロミオとジュリエット」は観たことがあり…

本当の敵は誰か?

最高のニュータイプは誰か? 出典Amazon.co.jp と聞かれたら誰を想像しますか? 大概の人はアムロと答えるのではないでしょうか。 私は、ミライと答えることにしています。 理由としては鈍重な戦艦でミサイルやビームを避ける感の良さです。 機動性の高いモ…

ヘルメットが無ければ即死だったけど……ヘルメットが有ったから全然平気編

今回はガンダムⅢめぐりあい宇宙編の感想を書きたいと思います。 最後の最後まで語りますので、まだ観ていない人は*ネタバレ注意です。 この作品を私は子供の頃に映画館で観ました。 なるべく初めて観た時の感想と感動を伝えたいと思います。 映画館にはガン…

機動戦士ガンダムⅢめぐりあい宇宙編

第98回目は機動戦士ガンダムⅢめぐりあい宇宙編です。 出典Amazon.co.jp 1982年のアニメ映画です。 *以降ネタバレ注意です。 前作、哀戦士編でみごとに戦士として成長したホワイトベースクルーたちは、再び宇宙へと向かいます。 冒頭のキャメル艦隊との戦い…

グフ大地に立つ編

実は私は最初からガンダムを知っていたわけではありません。 初めて観たのはすでに19話目でした。 しかもガンダムとは知らずに観ていたのです。 友人宅で遊んでいる時、何気なくテレビに目を向けました。 アムロが砂漠を彷徨っているシーンで、なんのアニメ…

機動戦士ガンダムⅡ哀戦士編

第97回目は機動戦士ガンダムⅡ哀戦士編です。 出典Amazon.co.jp 1981年のアニメ映画です。 前回の続きで、ホワイトベースは南米ジャブローを目指していましたが、シャアの攻撃によって軌道を狂わされ、ジオン勢力圏の北米へと降り立ってしまいました。 辛くも…

機動戦士ガンダム劇場版

第96回目は機動戦士ガンダム劇場版です。 出典amazon.co.jp 1979年のテレビアニメの劇場版で、公開は1981年。 *以降ネタバレ注意です。 初代のガンダム、いわゆるファーストガンダムというやつです。 アニメに興味がない人や、古くてみたことがない人にも一…

ブレイブハート

第95回目はブレイブハートです。 出典amazon.co.jp 1995年のアメリカ映画です。 *以降ネタバレ注意です。 13世紀末のイングランドに対するスコットランド独立戦争で活躍したウィリアム・ウォレスの生涯を描いた作品。 イングランド王エドワード1世が支配す…

宇宙戦艦ヤマト復活篇

第94回目は宇宙戦艦ヤマト復活篇です。 出典amazon.co.jp 2009年のアニメ映画です。 *ネタバレ注意です。 この映画は私の中で評価は半々というところです。 地球に向かってブラックホールが近づいてくるので、他の星に移住するという話です。 なんとなくネ…

宇宙戦艦ヤマト完結編

第93回目は宇宙戦艦ヤマト完結編です。 出典Amazon.co.jp 1983年のアニメ映画です。 *以降ネタバレ注意です。 この作品も好きかと言われると微妙なのですが、難しいところです。 実は鑑賞前の話ですが、私はこの映画で許せない点が2点あり、そのせいでこれ…

ヤマトよ永遠に

第91回目はヤマトよ永遠にです。 出典Amazon.co.jp 1980年のアニメ映画です。 *以降ネタバレ注意です 前作の「新たなる旅立ち」の続きで、敵が同じく暗黒星団帝国です。 実は、この作品も私はあまり好きではありません。 なぜならば私の好きな人物が2人も…

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち

第90回目は宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ちです。 出典Amazon.co.jp 1979年のテレビアニメです。 *以降ネタバレ注意です。 私は宇宙戦艦ヤマトが好きなんですが、嫌いな部分もあります。 思えば、テレビシリーズは好きなのですが、劇場版は大概好きではあり…

フォレスト・ガンプ/一期一会

第89回目はフォレスト・ガンプです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1994年のアメリカ映画です。 1950年代から1980年代のアメリカ歴史の光と闇を描いた作品。 とあるバス停のベンチで、主人公フォレスト・ガンプは隣り合った見知らぬバスを待つ…

トゥルーライズ

第88回目はトゥルー・ライズです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1994年のアメリカ映画です。 スパイアクション映画でありながら、コメディ色の強い作品となっております。 私は珍しく、この映画を公開当時に劇場で鑑賞しました。 監督ジェ…

コマンドー

第87回目はコマンドーです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1985年のアメリカ映画です。 主演のアーノルド・シュワルツェネッガーが正義のヒーローとして認められた第1作目だと思います。 この映画はサスペンスからアクションへと展開が凝って…

ゴジラ(1984年版)

第86回目はゴジラ(1984年版)です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 小学生の頃、私はゴジラが好きではあったのですが、実はゴジラの映画は好きではなかったのです。 私が持っていたゴジラの白黒写真集にはとても恐ろしく迫力のある怪獣として写…

シザーハンズ

第84回目はシザーハンズです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1990年のアメリカ映画です。 私は子どもの頃は小遣いの関係もあって、映画館には行かず、ひたすらテレビ放送を待っている状態だった。 そういうこともあって、私は新作映画のあらす…

ゴースト/ニューヨークの幻

第83回目はゴースト/ニューヨークの幻です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1990年のアメリカ映画です。 新年を迎えて、さて何から観るべきか悩むことろでしたが、ゴーストにしました。 1本目から外れを引いちゃうと、今後の鑑賞意欲に悪影響を…

第1回カズミック映画賞

年が明けて随分経ちましたけど、明けましておめでとうございます。 昨年は100本近く映画を観ましたが、流石に少し飽きてしまいました。 今までに見過ごしてきた映画を可能な限り観てしまおうと思い張り切って来ましたが、ついに疲れてしまいました。 映画を…

シャイニング

第79回目はシャイニングです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1980年のアメリカのホラー映画です。 子供の頃に一度観たことがあります。 おそらく途中から観たので、全然話を理解していませんでした。 私の印象では小説家のジャックがスラン…

グリーンブック

第78回目はグリーンブックです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2018年の実話を元にしたアメリカ映画です。 タイトルのグリーンブックとは黒人が宿泊できるホテルをまとめた旅行ガイドブックです。 舞台は1962年のアメリカで、まだまだ黒人差別…

300〈スリーハンドレッド〉

第77回目は300〈スリーハンドレッド〉です。 出典amazon.co.jp 以降ネタバレ注意です。 2007年のアメリカ映画です。 紀元前480年ごろのペルシア戦争におけるテルモピュライの戦いを舞台にした歴史に基づく映画。 ただし史実とは随分と異なる。 スパルタ王レ…

ミスト

第76回目はミストです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2007年のスティーブン・キング原作のアメリカ映画です。 ホラーというよりはSFパニック映画という感じです。 ストーリーはオーソドックスで古典的ですが、なかなか見所があります。 ある…

第75回目は累です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2018年の邦画です。 予告などのヴィジュアルから、私はホラー映画だと思っていました。 累(かさね)というタイトルの文字にも、おどろおどろしい不気味さを感じていました。 しかし、あとで累…