カズマの日記

映画の感想と雑談

映画

グレムリン

出典 第39回目はグレムリンです。 出典Amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1984年のアメリカの映画です。 グレムリンの存在をこの映画で知ったという人も多いと思います。 元々、グレムリンはヨーロッパの伝説の妖精なのです。 悪戯好きで、機械の故障の…

ゲドー戦いのはじまりー

第38回目はゲドー戦いのはじまりーです。 出典filmarks.com*以降ネタバレ注意です。 2004年のアメリカのテレビ映画です。 ホールマーク・セレクション・ファンタジーセットの3作目です。 ゲドといえば日本人ならば、スタジオジブリのゲド戦記を思い浮かべる…

ファイトクラブ

第37回目はファイトクラブです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1999年のアメリカ映画です。 最近は、ミニマリストなんていう人が増えていますが、残念ながら私は物欲が大きく、物が捨てられないタイプなのです。 物に支配されている。 そんな…

オール・ユー・ニード・イズ・キル

第36回目はオール・ユー・ニード・イズ・キルです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2014年のアメリカ映画で、しかも原作は日本のライトノベルです。 未知の宇宙生物ギタイに侵略された地球が舞台。 トム・クルーズ扮するウィリアム・ケイジ少佐…

ジョンQー最後の決断ー

第35回目はジョンQー最後の決断ー 出典amazon.co.jp 以降ネタバレ注意です。 2002年のアメリカ映画。 主演デンゼル・ワシントン。 主人公のジョンQは経済的に苦しい生活を送っていた。 正社員だった仕事もパートタイマーの様な扱いにされる。 そんな時、ジョ…

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

第34回目はファウンダー[ハンバーガー帝国のヒミツ]です。 出典amazon.co.jp 2016年のアメリカ映画です。 さて、問題です。 マクドナルドは何屋さんでしょうか? 高校の時社会の先生が出題した問題だった。 「ハンバーガー屋さん」 普通はそう答えますよね。…

エクスプローラーズ

第33回目はエクスプローラーズです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1985年のアメリカの子供向けのジュブナイル映画です。 イーサン・ホークとリヴァー・フェニックスのデビュー作でもあります。 ある夜、イーサン・ホーク扮するベンジャミンは…

ゼロ・グラビティ

第32回目はゼロ・グラビティです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2013年のアメリカ映画です。 宇宙飛行士の物語です。 宇宙空間で人工衛星の修理中の主人公ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)はロシアの人工衛星爆破事故に遭遇する。…

ハイジ アルプスの物語

第31回目はハイジアルプスの物語です。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 2015年のスイス・ドイツ合作映画です。 ハイジといえば日本のアニメ「アルプスの少女ハイジ」が有名だ。 出典amazon.co.jp 私は原作を読んだことがないので、解らないが、アニ…

パトリオット

第30回目はパトリオットです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2000年のアメリカ映画です。 ローランド・エメリッヒ監督、 メル・ギブソン主演。 パトリオットとは愛国者という意味です。 ところで、私の職場でのこと。 10年前のある日、事務所…

もうひとりのシェイクスピア

第29回目はもうひとりのシェイクスピアです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2011年イギリス・ドイツ合作映画です。 シェイクスピアの作品なら映画や演劇で、 少し観たことがある。 映画なら「ロミオ+ジュリエット」と「ハムレット」くらいだろ…

アラビアンナイト

第28回目はアラビアンナイトです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1999年のアメリカのテレビ映画です。 ホールマーク・セレクション・ファンタジーセットのうちの一作品。 アラビアンナイトといえば「アラジンと魔法のランプ」や「アリババと40…

グーニーズ

第27回目はグーニーズです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1985年のアメリカ映画です。 グーニーズというチームを組んでいる少年たちの冒険物語である。 私も夢のある冒険がしたかったな。 グーニーズのように子供のころの友人はバラエティに…

ノア約束の舟

第26回目はノア・約束の舟です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 私には映画を観るにあたって、3個のマイルールがある。 一つ目は ・奇跡を信じること 物事が都合よく進んだり、偶然が重なったり、または物理的に有り得ないことが起こっても批判…

プラトーン

第25回目はプラトーンです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1986年のアメリカの映画です。 オリバー・ストーン監督のベトナム戦争の実体験をもとに制作されたらしいです。 実は私はリアルな戦争映画はあまり好きではありません。 できれば娯楽…

レヴェナント蘇りし者

第24回目はレヴェナント蘇りし者です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 2016年アメリカの映画です。 主演はレオナルド・ディカプリオで、今作で初めてのアカデミー賞、主演男優賞を獲得しました。 ディカプリオとアカデミー賞は相性が悪いらしく…

エクスカリバー聖剣伝説

第23回目はエクスカリバー聖剣伝説です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 私にはどうしても観たい映画が6作品あった。 それはホールマーク社というアメリカの 主にテレビ映画を製作している会社の作品だった。 その内の一つがエクスカリバー聖剣…

アンタッチャブル

第22回目はアンタッチャブルです。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 1987年のアメリカの映画。 実在の人物でギャングのボス、アル・カポネと財務省捜査官エリオット・ネスの対決を描く。 一応エリオット・ネスの自伝が下敷きになっているが、ストーリ…

ポセイドンアドベンチャー

第21回目はポセイドンアドベンチャーです。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 1972年の作品です。 主演はジーン・ハックマン。 豪華客船ポセイドン号が地中海を航行中に、地震による津波より転覆してしまう。 乗船客たちは生死を別ける決断を迫ら…

ティファニーで朝食を

第20回目は「ティファニーで朝食を」です。 出典movies.yahoo.co.jp 1961年 オードリー・ヘプバーン主演。 *以降ネタバレ注意です。 今回はあらすじをラストまで書いているので、知りたくない人は危険です。 吾輩は猫である 名前はまだない。 この家の主人…

ローマの休日

第19回目はローマの休日です。 出典amazon.co.jp *以降ネタバレ注意です。 もう10年ほど前になるだろうか。 私は姪っ子を連れてファミリーレストランのサイゼリアに行った。 そこの入り口には「真実の口」のレリーフが飾ってあった。 「これは真実の口と言…

未知との遭遇

第16回目は未知との遭遇です。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 UFOとコンタクトを取るという映画です。 その前に、今回は私の宇宙人やUFOの思い出について書いてみようと思います。 File1 中学生の頃のある日、 家の前で友人と話していてふと空を見…

ルパン三世 ルパンvs複製人間

第15回目はルパン三世 ルパンvs複製人間です。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意 ルパン三世のアニメ映画化の第1作目。 私は子供の頃からルパン三世が好きだった。 奇想天外な発想とストーリーやキャラクターの魅力に惹かれ、毎週楽しみにしていたものだ。 …

オーメン

第14回目はオーメン。 出典filmarks.com *以降ネタバレ注意です。 今回もホラー映画についてですが、今作は悪魔が主題になっています。 キリスト教徒でない人には、あまり怖くない映画です。 子供の頃に一度観ているのですが、かなり印象に残っています。 …

キャリー

第13回目はキャリーです。 出典filmarks.com *以降ネタバレ注意です。 スティーブン・キングのデビュー作です。 70年代のホラー映画の代表作ではないでしょうか。 主人公のキャリーが血塗れで佇んでいる画像は有名です。 しかし、私は本編を観たことがあり…

アメリ

第11回目はアメリです。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 フランス映画である。 ここ最近フランス映画を観る機会が増えているのだが、とにかく不思議な感覚だ。 大きな盛り上がりとかがあるでもなく、深い感動があるわけでもない。 一概にそうとは言…

ゴッドファーザー

第10回目はゴッドファーザーです。 出典movies.yahoo.co.jp *以降ネタバレ注意です。 ニューヨークのイタリア系マフィアの物語。 古い映画を観ようと思っても、全部観る事はできないし、遡るには限界がある。 ある程度の境界線を設けるとするなら、カラー作…

秒速5センチメートル

第9回目はアニメ秒速5センチメートルです。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 桜の花びらが落下するスピードは秒速5センチメートルだそうだ。 物語は3話構成で、それぞれ中学生時代、高校時代、そして社会人になった現代となっている。 東京在住の遠野…

ロッキー

第7回目はロッキーです。 出典eiga.com *以降、ネタバレ注意です。 私は映画を観るにあたって、監督が誰だとか、脚本が誰だとか、ほとんど気にしない。 制作スタッフまで興味がないのである。 アニメで言えば声優にも興味はない。 しかし、このロッキーの脚…

沈黙-サイレンス-

第6回目はマーティン・スコセッシ監督のサイレンス。 出典eiga.com *以降ネタバレ注意です。 1600年台の長崎におけるキリスト教の弾圧、迫害を扱っている。 主人公は宣教師のロドリゴ神父。 師匠でもある先任のフェレイラ神父が日本で棄教したと知らされ、…